恋愛&結婚 LINEやメールのやり取りで脈ありかが判明! 9割の女性が実感した脈なし返信とは?

男性からのLINEやメールの内容に、思わずドキッとした経験ってありますよね? 相手の表情が見えないメッセージだと、真意がわからずに戸惑うものです。そこで今回は「こんなメッセージが送られてきたら脈あり? それとも脈なし?」を調査。株式会社エムスタイルが「健康美人」サイトを利用する女性601名を対象に行なったアンケートをもとに検証してみました。さっそくあなたもこのメッセージが「脈あり」か「脈なし」かを考えながら、チェックしてみてください。

まずはみんなの「脈なし」度が高かったメッセージから。

■スタンプを送るとやり取りが終わる。
・脈あり(5%)
・脈なし(95%)

最も「脈なし」と答えた人が多かったのは、「スタンプで話のやり取りが終わる」というシーン。なんと95%の人が「脈なし」と判定しました。確かに好きな人であれば、何とかやり取りを続けたいと思うのが普通。スタンプで話を一区切りしたいのは、「返信が面倒」「返信内容に困る」といった理由が多いからなのかも。スタンプを送るタイミングって意外と重要なんですね。

■返信が来る時間帯が決まっている。
・脈あり(27%)
・脈なし(73%)

続いて「脈なし」判定が多かったのが、「返信が来る時間帯が決まっている」というシーン。気になる相手であればすぐに返信したいと思うもの。いつも同じ時間に返信があるというのは、ある意味義務のようなメッセージなのかもしれません。朝の通勤時間、寝る前の空いた時間などは、返信すべきメールを一気に片付けたくなる時間帯。そこにあなたのメールが入ってしまった場合は、相手の優先順位は高くないということになりそうですね。

7割以上が「脈あり」と答えたメールとは?

e44aac9f14d874ee85f9a8aef4f1023d_s

たかがメール、されどメール……その内容に一喜一憂している人も多いものです。


1 2