恋愛&結婚 3組に1組が離婚…では離婚後の結婚指輪はどうしてる!? 約6割が選んだ衝撃の答えは…

3組に1組が離婚すると言われている現在。子どもの有無にかかわらず、離婚という道を選ぶ人が少なくないようです。

厚生労働省が発表した人口動態統計によると、2016年における日本国内の離婚件数(推計)は21万7000件で、前年の22万6215件よりやや減少。一方、婚姻件数(推計)は62万1000件で、こちらも前年の63万5156件を若干減少していることから、やはりデータ上では約3件に1件以上が離婚という事実は確かなようです。

では離婚後の生活はどうなっているのでしょう。実は金銭的に苦しくなったという人は少なくないようで、特に子供がいるシングルマザーにとっては、大変な問題のようです。

株式会社リングオフが10~60代までのシングルマザー191人を対象に行なった調査によると、「母子家庭で一番大変なこと」に対し、44%が「生活費」と回答。「子どもの事」よりも悩んでいる人が多いことがわかりました。

rikondata1

半数近い人が生活費に悩んでいる現状が判明……。

ちなみに「養育費・教育費」に関しては、7割以上の人が「もらっていない」現状が明らかに。

■離婚して養育費・教育費をもらっていますか?
・もらっている(26%)
・途中で支払われなくなった(20%)
・もらっていない(54%)

養育費・教育費をもらわない理由としては、「元夫に経済力がない」が39%で最も多く、次いで「元夫と関わりたくない」が34%、そのほか「子供に会わせたくない」「請求の仕方を知らずに流されてしまった」などと続き、約半数近くが元夫ときっぱり縁を切りたいという気持ちがあることがわかります。

また「途中で支払われなくなった理由」も尋ねてみると、約5割の人が公正証書をかわしていない為に何も言えずそのままになっている現状があることがわかったのです。

では生活費を工面する方法はどうしているのでしょう。実はあの愛の証であったはずの結婚指輪が大きく関わっていることがわかりました。

526b6d45cde5b8379089ab03dea66d83_s

結婚率の低下は、離婚率の増加にも影響しているのかも!?

1 2