恋愛&結婚 男性に伝わっていない可能性大!? プロポーズしてほしい女子にありがちな行動

晩婚化が進み、独身男性による結婚願望の低下が叫ばれている昨今。結婚適齢期の女性にありがちな悩みとして、「結婚したいけれど、彼氏がプロポーズをしてくれない!」というものがあります。特に30代中盤になると高齢出産によるリスクも気になり、彼氏のプロポーズを悠長に待っている余裕はないという女性も多いのではないでしょうか?

分かりにくい!? 女性の結婚アピールは消極的!

「銀座ダイヤモンドシライシ」が行なった「新生活&プロポーズに関する意識調査」によると、女性がプロポーズを考える時にとる行動で一番多いのは「遠まわしに結婚をしたい雰囲気を出す」(38.8%)。続いて「家庭的な一面をみせる」(36.0%)、「友人・知人の結婚の話をする」(21.2%)という結果となっています。どれも行動としてはそれほど積極的なものではなく、女性はあまりはっきり結婚願望をアピールしないといえそうです。

sub10

「検索履歴や予測変換に『結婚』が表示されるようにする」のは果たして効果があるのでしょうか……。

一方「結婚雑誌を置いておく」というやや積極的な行動をとる人は4.4%。さらに「検索履歴や予測変換に『結婚』が表示されるようにする」という、微妙な行動をする人は1.2%いるそうです。検索履歴や予測変換はおそらく相手のスマホを彼女が操作するのだと思われますが、何か努力の方向が間違っている気がするのは気のせいでしょうか?

結婚したい男性は、プロポーズへの具体的行動をとる!

では男性が結婚したい場合、どんな行動をとるのでしょうか? 同調査によると一番多い行動は「将来の話をする」(37.2%)でした。女性で一番多かった「遠まわしに結婚をしたい雰囲気を出す」と比べると、かなり行動が具体的です。続いて「プロポーズをする場所を探す」(24.0%)、「どうにかして彼女の指のサイズを把握する」(25.2%)で、さらに行動は明確となっています。

sub11

サプライズによる結婚指輪もうれしいですが、指のサイズは素直に聞いてくれたほうがいいという女性も多い気がします。

結婚したいときにはさりげなくアピールをする女性と、具体的行動に出る男性。男性は結婚に関していえば「察する」「空気を読む」という行動がそれほど得意ではないのかもしません。そう考えると「女性のさりげないプロポーズアピール」は、男性にほとんど伝わっていない可能性も!むしろ「結婚雑誌を置いておく」くらい、わかりやすい行動をするのが正解なのかもしれません。

1 2