恋愛&結婚 なぜだ!今年の新入社員 “恋人アリ率”は先輩より9.3%多い謎

最近の若者には数多くの「●●離れ」が言われていますが、その中に「恋愛離れ」というものがあります。それが本当だとすると当然、恋人がいる確率も低いはずですが……。

婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントが、今年4月に新社会人となった男女に「交際相手はいますか?」と尋ねたところ、「いる」は38.7%でした。一方先輩の立場である25歳から44歳に同様の質問をしたところ「いる」は29.4%!恋愛離れをしているはずの若者のほうが、9.3%も恋人がいる割合が高かったのです。

sub2

円グラフにすると差が分かりやすい?今年の新社会人はリア充度高めです!

また彼らのうち23.0%は「現在交際している相手と結婚したい」と回答。ほか59.6%は「いずれ誰かと結婚したい」と考えているという結果となっています。つまり今交際していない人はもちろんしている人も含め、半数以上はまだ結婚相手と出会っておらず、これから探すという気持ちが強いようです。

新社会人は先輩よりも社内恋愛に前のめり!

では新社会人は、昔から出会いの場として定番である「社内恋愛」についてどう考えているのでしょうか? 

まず新社会人で「社内恋愛をしてみたい」に「当てはまる」「どちらかというと当てはまる」という人は38.2%。一方25歳から44歳の先輩社会人の場合同様の質問をすると、29.8%という結果でした。新社会人のほうが社内恋愛に積極的なのです。さらに「社内恋愛は悪いことではないので堂々としていいと思う」に当てはまる新社会人は40.9%で、先輩は37.7%。「社内恋愛は本人の自由だと思う」に当てはまる新社会人は74.4%で、先輩は69.6%。どの質問でも先輩に比べると新社会人のほうが社内恋愛に前のめりといえます。

1 2