恋愛&結婚 芸能人も一般人も感覚は同じ!? SNSで結婚報告をする女性は約4割

情報誌を買って結婚式のプランニングをするのは、女性よりも男性!?

とはいえ、結婚するにはプロポーズが成功すればいいわけではありません。あくまでも結婚までの入口であり、その後に双方の両親への挨拶や結婚式など、一般的にはさまざまなことが必要となってきます。

前述の調査では、「プロポーズした(された)あと、最初に考えること」という質問を行なっていますが、もっとも多かった上位5つの結果を男女別にみていきましょう。

 

  • 男性

1位 相手の親への挨拶について考える……47.2%

2位 自分の親への挨拶について考える……18.0%

3位 結婚式について考える……10.4%

4位 結婚資金について考える……6.8%

5位 結婚情報誌を購入する……6.0%

 

  • 女性

1位 自分の親への挨拶を考える……34.8%

2位 相手の親への挨拶について考える……25.2%

3位 同居や新居について考える……9.6%

4位 友達に報告する……8.8%

5位 結婚式について考える……7.6%

 

男性、女性ともに大差で1位となったのは「女親への挨拶」。やはり息子よりも娘のほうが、親への挨拶は重大ということでしょうか。こればかりは今どきのプロポーズのように、即答でほぼOKとはいかないのかもしれません。

もはや結婚式は、女性のためのものではないようです。

 

また3位以降の回答は、男女ともにかなり違う傾向にあるのも興味深いところ。「結婚情報誌」は女性が買うイメージでしたが、男性でもけっこう購入する人がいることに驚きです。ちなみに女性で結婚情報誌を購入する人は5.6%。一方女性主体に思われた「結婚式について考える」のも、男性のほうが多いことが分かります。今時の男性は女性任せではなく、自ら結婚式をプランニングする人が増えているようです。これも時代の変化といえるかもしれませんね。

【調査概要】
調査媒体:銀座ダイヤモンドシライシ
調査実施期間 :2017年5月17日(水)~2017年5月19日(金)
対象地域 :全国
調査対象 :20歳~35歳男女500名 20歳~39歳既婚男性 125名/20歳~39歳既婚女性 125名 20歳~39歳未婚男性 125名/20歳~39歳未婚女性 125名

1 2 3