恋愛&結婚 【恋愛講座】既婚者が「こいつイケる」と女性に思う瞬間

幸せな結婚をしたいと思っているのに、良さげな男性は既婚者ばかり……。

不倫なんてしたくないのに、恋愛感情を育めそうなシチュエーションに既婚男性しかいないと、うっかりハマってしまうなんてことも?奥さんがいるとわかっていても、追ってしまうのが「情」です。

ひょっとすると、相手の男性はあなたのことを軽く見ているかも……。そのまま振り回されるだけの人生にならないで!既婚男性は、きちんと「遊び」と「家庭」を切り分けているものです。その「遊び」枠に入るなんてまっぴら!

今回は、既婚者が「こいつイケる」と女性に思う瞬間をご紹介いたします。

 

LINEの返信スピードが速い

彼と同じ職場だったとしましょう。

きっと彼本人から「既婚者」であることをわざわざ告げなくても、結婚していることは周知の事実です。

最初はほんの些細なLINEのやりとり、でも会話が進むにつれ、関係性はどんどん密になっていきます。「好きになってはいけない」と思えば思うほど、お互いに火がつき、止められなくなるのでしょう。しかし、既婚者との恋は、不倫でしかありません。叶わぬ恋、と分かりながらも、常に携帯をチェックし、彼からの返信を待っていませんか?

頻繁に返していると、さすがの彼もあなたの好意が分かり、彼からはあまり追いかけてこない可能性があります。なぜなら、放っておいても彼女から追いかけてくると分かったから。仮に彼を好きになってしまっても、返信を気にしすぎると相手の思うツボです。

ボディータッチを嫌がらない

既婚男性に限らず、ボディータッチを嫌がらない女性はパーソナルスペースへの侵入も許しやすいもの。

触れただけで「もう、触らないでくださいよ!」と憤慨する女性より、ケラケラ笑っている女性の方へ2回、3回とボディータッチを繰り返しやすくなります。

2人きりのシーンでボディータッチをした際、まったく嫌がらずむしろ身を任せるような姿勢になれば、男性の心の中としては、このままベッドにまで持ち込めると思っているでしょう。

エスカレーターやエレベーターに乗っているとき、お酒が入って寄り添っているとき……彼に触れられたことで、幸せを感じられても、解散をした後には、後悔だけが募ります。流れに身を任せすぎないように、気をつけて!

1 2