恋愛&結婚 結婚の挨拶でパートナーの実家に持参する「手土産」事情!全体の7割以上が選んでいるのは……?

予算はとりあえず“間をとって”3000円に

同調査では手土産の内容とともに「予算」についても調査しています。そこで前述の調査で上位となった「お菓子」「お酒類」「洋服や趣味関連のもの」それぞれにかけた予算のアンケート結果を、以下にまとめてみました。

  • 手土産の予算

1位 1000円~3000円未満……48.4%

(お菓子37.1%、お酒7.6%、洋服や趣味関連のもの3.7%)

2位 3000円~5000円未満……38.2%

(お菓子26.9%、お酒7.6%、洋服や趣味関連のもの3.7%)

3位 5000円~7000円未満……13.0%

(お菓子5.3%、お酒4.9%、洋服や趣味関連のもの2.8%)

 

どのジャンルでも一番多いのは「1000円~3000円」。案外リーズナブルに済ます人が多く、値段が高いからいいというものではないことが分かります。ただお菓子では2位の「3000円~5000円未満」も27.1%に。この結果を見ると「だったら間をとって3000円くらいが無難?」となりそうな気もします。

 

手土産を渡す際の昔からの決まり文句に「つまらないものですが……」というものがありますが、むしろ結婚の挨拶ではつまらないものがいいのかも?

全体の結果を見ると、やはり結婚の挨拶の手土産で重要なのは「失敗しないこと」なのだと感じます。たとえ無難でもありきたりでも、失敗するよりはマシ……少々ネガティブなニュアンスに聞こえるかもしれませんが、結婚の挨拶はそれくらい慎重でちょうどいいのかもしれません。やはり今の時代も結婚は当人同士だけではなく、家同士の一大イベント。無難に切り抜けて、次のステップに進みたいものです。

調査媒体: アニヴェルセル株式会社 
調査方法:  インターネット調査
調査期間:  2017年4月4日~4月5日
調査対象:  全国23歳~39歳男女1,236名 

1 2