恋愛&結婚 2018年の新成人意識調査!草食化傾向はそろそろ終焉?恋人がいない男女の約7割が「恋人欲しい」!

明日8日は「成人の日」で、1997年(平成9年)4月から1998年(平成10年)3月生まれの人たちが晴れて成人を迎えます。有名人だと藤田ニコルさん(1998年2月20日生まれ)や、平昌五輪の代表選手に選ばれているフィギュアスケートの宇野昌磨さん(1997年12月17日生まれ)などが該当。ちなみに彼らが産まれた1997年は、日本サッカーが悲願のワールドカップ「フランス大会」に初出場を決め、国内では消費税が5%に引き上げられた年です。

 

新成人は消費税3%時代はもちろん、かつては消費税がそもそもなかったことも多分知りません……。

男女とも「交際経験アリ」の割合が年々増加中!

結婚相手紹介サービス会社「株式会社オーネット」では、2018年に成人式を迎える新成人600名(男女各300名)に、「恋愛・結婚に関する意識調査」を実施しています。同調査は今年でなんと23回目。過去の調査結果を合わせて分析してみると、今年の新成人たちの恋愛や結婚における意識が垣間見えます。

まず同調査で恒例となっている質問「これまでに交際したことがありますか?」を今年も調査。以下のデータは昨年の結果と比較したものですが、興味深い結果となっています。

 

男性よりも女性のほうが交際経験割合が多いのは、同年代だけではなく年上の人と交際する機会が多いからでしょうか?

まず注目すべきは「全体」「男性」「女性」ともに昨年よりも交際経験ありの割合が増えていること。ちなみに同調査によると、一昨年の全体における交際経験ありの割合は57.2%だそう。一時期若者が恋愛に消極的となっている草食化傾向が指摘されていましたが、近年は着実に脱出の傾向にあるようです。

1 2