恋愛&結婚 「恋愛はご無沙汰」な男性に本当に効くアプローチって?

過去の恋愛話は深掘りしない

彼と親しくなると、過去にどんな女性と付き合ってきたのか、どんな恋愛をしてきたのか気になることもありますよね。

ですが、昔の恋愛を探られることは多くの男性が嫌います。たとえ良い思い出があったとしても、それは自分だけのものでありわざわざ人に披露するものではない、と考えるので、しつこく尋ねられると相手に対して嫌気がさすこともあります。

恋愛感情は繊細なものです。過去であっても、以前の自分を思い出すと失敗したシーンや女性に言われた言葉などが蘇って、苦しいという人もいるでしょう。むやみに詮索することは、それだけデリカシーがないと思われます。

昔の恋愛は、気になっても男性から話してくれる瞬間を待つのが吉。心を許せば、そんな話題が出ても抵抗なく話してくれます。まずは、男性にとって信頼できる女性になることを考えたいですね。

「好き」はゆっくり伝えていく

恋愛から遠ざかっている男性ほど、自分の中に恋愛感情が沸いたとしても、それを認めるまでに時間がかかります。

急に距離を取ろうとしたり、会っていても無口になったりと、不安になることもあるかもしれませんが、焦ってはいけません。

本当にその気がないのであれば、男性のほうからフェードアウトを狙うでしょう。何度も断られたり、会うのを避けられたりするようなら恋の終わりを考える必要がありますが、男性がどんな形であれ応えてくれているなら、すぐに諦める必要はありません。

「俺はこの人のことが好きなのかな」と悩みだすと、男性は女性の前で自信を持って振る舞えなくなります。女性の目を意識してしまうので、かっこ悪い自分を見せるのが嫌で接触を避けようとすることもあります。

そんなとき、「私のことをどう思っているの?」など答えを急かすことは避けましょう。気持ちがはっきりしないうちに言葉を求められると、どう伝えて良いかわからずに男性は諦めてしまいます。

せっかく芽生えた恋心は、ふたりで育てていく姿勢を持ちたいですね。男性が黙りがちになっても、変わらず自分はあなたが好きだと伝わることで、男性は安心して関係を続けようと思えます。

そんな余裕が、男性の愛情を確かなものにしていくと心得ましょう。

そのアプローチ、彼を追いつめていませんか!?

恋愛はふたりのペースで進めていくものです。

男性が嬉しいのは、自分の気持ちを尊重してもらえるという安心感。この人は信頼できる、と心から思うことで、恋心は成長していきます。

恋愛から遠ざかっている男性には、「急がば回れ」でゆっくりと愛情を育てていきましょう。

1 2