恋愛&結婚 JK&JDのバレンタインデー意識調査!友チョコをあげるのは約8割、“彼ピッピ”にあげるのはどのくらい?

日本における「バレンタインデー」とは本来、意中の人にチョコを贈って愛を告白する日だったはず。しかし気がついたらお世話になっている人などに贈る「義理チョコ」や、性別関係なく友達とチョコを交換して楽しむ「友チョコ」、さらには自分で食べる「自分チョコ」「ご褒美チョコ」など、バレンタインデーも多様化しているようです。

「フリュー株式会社」では、現役の女子高生と女子大生を対象に、今年のバレンタインデーの過ごし方についての調査を実施。今回はこちらをもとに、今時のバレンタインデー事情について考察します。

義理チョコをほとんど渡さないJK&JD

まず現役女子高生と女子大生は今年のバレンタインデーで、誰にどのようなチョコをあげるのでしょうか?同調査では「全体」と「彼氏いる」「彼氏いない」別にそれぞれ、「本命チョコ」「友チョコ」などの種類について調べています。その結果は以下の通りです。

「誰にもあげない」は全体でわずか4.6%。JK&JDはほぼ全員参加といっていい。

 

まず「本命チョコ」は彼氏いる子は90.2%、彼氏がいない子でも38.2%があげると回答しています。つまり彼氏がいない子の約4割は、意中の人に贈って愛を告白すると考えられそうです。

さらに目を引くのは「友チョコ」の実施率の高さ。彼氏がいる子よりもいない子のほうが実施率はやや高いものの、全体で約8割が行なっていることが分かります。もはや友チョコは、学生たちの中では文化として定着している模様。その一方、社会人に多く見られる「義理チョコ」は、全体の1割ほどにとどまりました。

1 2 3