恋愛&結婚 やっぱり「もらったら嬉しい」のが男性の本音!バレンタインで好感度を底上げする方法

もうすぐバレンタイン。気になる男性にチョコレートを渡したい、と準備している女性も多いでしょう。

「でも、いい大人のオトコがバレンタインなんて喜ぶの?」

と不安を覚えるかもしれませんが、実際はいくつになっても男性にとってバレンタインは特別なイベント。「もらったら嬉しい!」と思う男性がほとんどです。

どうせなら、男性が喜ぶ渡し方でもっと喜んでもらいたいですよね。

バレンタインで好感度を上げる方法について、ご紹介します!

バレンタインのチョコレート、もらえたら嬉しい!

「さすがに30を超えたらあからさまには言えないけど、バレンタインは今でも誰かくれないかなと思ってしまう。欲しいなんて言えないけどね」(31歳/看護師)

「チョコレートをくれるってことは、好意があると思うから嬉しい。女友達からでも同じかな」(33歳/営業)

「義理チョコでも、自分のために用意してくれたんだってわかるものならやっぱり嬉しいと思う」(29歳/サービス)

「バレンタインってどう?」と尋ねてみると、ほとんどの男性が「もらったら嬉しい」と答えてくれました。

それは、「チョコレートをくれる=自分に好意がある」と思うから。たとえ女友達からであっても、「オトコと思われてるんだなと実感する」のが本音です。

一方で、若い頃なら気軽に「チョコ待ってるよ」と言えたことでも、年齢が上がればそんな子どもじみたことはできないと思う男性が多く、気にしないフリを装っていても内心では期待を捨てきれずにドキドキしている、なんてことも。

贈りたいと思ったら、素直に渡すのが一番です。「喜んでもらえなかったらどうしよう」と不安になるより、あげることで好感度がアップすることを考えましょう。

「自分だけ」が好意を持たれるポイント!

では、実際に渡すならどんなものが喜ばれるのでしょうか。

男性にとって嬉しいのは、「自分だけなんだ」と思えること。手作りでも市販のチョコでも、「特別感」を持たせるのが好感度をアップするポイントです。

例えば、手作りのチョコレートを用意するなら、彼の好みを把握しておくのが良いでしょう。甘いものが苦手な彼なら、ビターな風味のケーキにするなどの工夫があると「俺のことを考えてくれたんだ」と思います。

さり気なく「お菓子はどんなものを食べるの?」と訊いてみれば、普段彼が口にするものがわかりますよ。

市販品であっても同じです。お酒が好きな男性なら、ウイスキーボンボンなどは「好きなものを知ってくれている」と感じて嬉しくなります。自分のことをちゃんと考えて選んでくれたんだな、と伝わるのが大切です。

「やっぱりブランド品が喜ばれるの?」と悩む女性もいるかもしれませんが、すべての男性がそうとは限りません。有名なメーカーであっても、チョコレートが好きな男性でなければ知らないという可能性もあります。

ブランドにこだわらず、彼が気に入ってくれるものを考える姿勢が何より愛情を伝えるには必要なこと。「特別感」は、男性とあなただけの間にあるものです。

1 2