恋愛&結婚 【恋愛講座】その関係は続ける価値ナシ!潔く別れないと不幸になる4つのパターン

毎週末デートはしているし、今さら彼氏を失うのが怖い……。

いくら彼に対して違和感をもっているとはいえ、そのままゴールインをするのも納得がいかない。でも、周りが結婚ラッシュを迎えている中、1人だけ別れを選べない。

こんなとき、あなたならどうしますか?きっと無理やり続けている方がしんどく、エネルギーも吸い取られてしまいます。

自分の精神が削られている感覚があるなら、それはもう「前に進みなさい」というサイン。今回は、潔く別れた方が幸せになれる、むしろ別れないと不幸になるパターンをご紹介します。

価値観が微妙にズレている

2人で一緒に過ごしていると、安心感もあるし、相手を信頼できる。でも、どこか違う気がする。それは、もしかしたら価値観がズレてきてしまっている可能性があります。

例えば、自分は一生バリバリ働きたいのに、彼は子どもができたら仕事はやめてほしいと思っている。自分は家でゆっくりしたいのに、彼はよく出かけたがる……。2人の間にこんなズレはありませんか?

とくにお金の価値観がズレている場合は、要注意です。自分はお金をもっと増やしたいのに、彼は必要最低限あればいいと増やそうとしなかったら、結婚して子どもができたときに間違いなく揉めます。

もし、それでもお互いの価値観の違いを認め合える関係であれば何の問題もありません。しかし、彼が自分と同じ価値観を求めてくる場合、いずれ深刻なストレスになります。価値観だけは、なかなか変わりません。自分がどうしても彼に合わせられそうもないと感じているなら、別れた方が賢明です。

本音で話せない

彼の前で無理をしたり、自分を偽ったりしていませんか?本音で話せない関係ほど、つらいものはありません。筆者もかつて長く付き合っていた人に対し、仕事の相談をありのままに言えないのが最大のストレスでした。

彼の母親は専業主婦で、彼の理想の花嫁さん像はお母さん。そんなお母さんとは真逆のようにバリバリ働く筆者が気に入らず、仕事の話をするたびに面白くない表情を浮かべ始めていたのです。

最初は気にせず話そうとしていましたが、ある日から自分のことはオープンにしない方針に切り替えました。すると次第に、あたりさわりのない世間話しか口にできない自分にイライラするように……。

彼と付き合っている自分を好きになれないと、いずれ不幸になります。自己嫌悪にさいなまれれば、自分に自信がどんどんなくなってしまいます。

もし、今一緒にいる人に対して本音で話せない状況が続いているなら、別れを選びましょう。話し合いができない彼も同様です。お互いの違いを理解できない相手といても、疲れるだけ。本音で話せない夫婦生活を想像してみてください。地獄ですよね?何でも気楽に話せる相手を見つけましょう。

1 2