恋愛&結婚 【恋愛講座】当てはまったらすぐに逃げて!男性がキープ女性の前でやりがちな4つの行動

好きな人がいて、その人に夢中になっているときは幸せいっぱい。彼から連絡が来るだけでうれしくなりますよね。ただ、いつか彼女になれるのか、微妙な関係が続くとなかなか判別しにくいもの。

可能性がないなら、見切りをつけないといけません。しかし、一度好きになってしまうといきなり忘れるのはなかなか難しいもの。何らかのきっかけが必要ですよね。

そこで今回はアプローチし続けるべきなのかどうなのか、それを見極めるサインをご紹介します。実は男性は、ただのキープと本命の前では行動が大きく違うのです。もし今、以下のような態度をとられているなら要注意!すぐに彼から逃げましょう。例え付き合えたとしても、セカンド扱いされるだけです。

悩み相談や身の上話をしても何も反応してくれない

男性は、好きな女性なら「悩みを解決してあげたい」「もっと知りたい」と思うもの。

しかしどうでもいい女性とは距離をとりたいので、何か相談されても迷惑なだけ。深い関係にはならないよう、できるだけ無意識のうちに重い話を避けようとします。

例えば、彼に「この前こんなことがあって困ったんだよね。どうすればよかったかな?」「わたし、子どもの頃は●●に住んでいたんだ」などと話したとき、目が泳いでいたり適当なスタンプのみ帰ってきたりしたら、危険信号!

彼はただ単に、癒しを求めているだけ。この先も都合よく扱われるだけなので、自分から連絡をするのはやめた方がいいでしょう。

LINEやメールに「多分」「いつか」「そのうち」が多い

男性はキープ扱いしている女性と、曖昧な言葉を使いたがります。連絡が来るものの、「多分空いている」「いつか行きたいね」などと返ってくるなら、あなたに会うための時間は作りたくないということ。

煮え切らない態度をとられると追いかけたくなるものですが、彼にしてみたらそれは距離を縮めたくないという意思表示。

とくに、まだ彼に新しい相手ができていないなら、何人かいる女性のなかから彼女候補を選んでいる状態。自分にとってより理想の相手を探し求めているだけで、あなたはただのキープの1人。

2人きりで会いたいと言っても、はぐらかされたり、具体的な日程が提示されないまま話題を変えられたりするなら、この先もキープのまま。どんなに本命彼女になろうとがんばっても、願いが叶う日は来ません。

1 2