恋愛&結婚 【恋愛講座】長続きの秘訣はコレ!いつまでも彼と一緒にいてドキドキを失わない方法

彼とずっと一緒にいるためには、お互いに努力し続けることが大切。とはいえ、交際年月が長くなると、どうしてもドキドキが欠けてしまいます。

何もかもがマンネリ状態になる前に、どうにかして手を打ちたいですよね。今回は、交際年数別にいつまでも彼と一緒にいてドキドキを失わない方法をご紹介します。

交際1年目「初デートをした場所に行く」

交際1 年目に入ると、2人の関係も安定傾向に。とはいっても油断禁物!1年目に入っても、お互いに余裕がなくなれば喧嘩もするし、別れる直前まで話が進んでしまうときはたくさんあるものです。

2人のバランスが偏り始める前に、初心を取り戻すべく、初デートの場所に足を運んでみましょう。

彼から告白された場所、彼と初めて手を繋いだ場所……。2人にとって大切な場所に行くと、不思議と心も落ち着いて、彼が側にいてくれる意味も改めて気づくことができます。すると、あの頃のトキメキが蘇ってきます。

どうしても時間が経つと、新しい場所を求めたくなるもの。しかし、あえて原点に立ち返る時間も必要です。毎月とまではいかなくても、定期的に初デートの場所でもデートをして、お互いの存在に感謝する時間をつくってみてください。

交際3年目「旅行・日帰り旅行を習慣化させる」

交際年数が3年にもなると、少しずつベテランの領域に入り始めます。

カップルの感覚はなくなり、喧嘩をするタイミングも減少傾向に。喧嘩をする勢いがないというよりかは、お互いに考えていることが自然と分かるため、話し合いレベルで収束するケースの方が多くなるものです。

ただ、何年経とうとも、お互いになぜ相手を選んでいるのか分からなくなるときは多々あるでしょう。「もっといい人がいるんじゃないか……」と思ってしまうことが増えるのもこの時期です。

ずっと彼にドキドキしたいなら、2人の間に溝ができ始める前に旅行に出かけてみてください。お泊りする時間的・経済的余裕がなければ、日帰りでも構いません。いつもとは違う空間に遊びに行くだけでも、新鮮な気持ちが蘇ります。できれば、旅行や日帰り旅を習慣にするといいです。今以上に定期的なイベントとして定着すると、そこまでマンネリを恐れなくても済みますよ。

1 2