恋愛&結婚 恋人に嘘をついたことがある女性は●%!良好な関係を築くには、嘘は必要悪なのか?

大人は人間関係を円滑に進めるため、時に本心ではないことを口にして生きるもの。それが“嘘をつく”ということになるのなら、多かれ少なかれ大人は皆嘘つきです。しかしそれが恋人同士のように密な関係の場合、パートナーに嘘をつかれると傷ついたり、相手を信じられなくなることがあるでしょう。恋人に嘘をつくのは、やはりいけないことなのでしょうか?

 

過去の交際人数を過少申告する嘘は、アリ?ナシ?

「株式会社ウエディングパーク」では20代から30代の女性対象に「夫婦/カップル間の秘密」に関する調査を実施。単刀直入に「パートナーに嘘をついたことがありますか?」と質問したところ、77.7%が「ある」と回答しています。

 

「ない」と答えた人は22.3%。本当に嘘は一切つかないのか、もしくは「嘘をついたことがない」こと自体、嘘である可能性……というのは、悪意がある見方でしょうか?

 

やはりいくら恋人でも7割以上が嘘をついているのが現実。では具体的にどんな嘘をついたのか。同調査に寄せられた経験談を見てみましょう。

「実は貯金が1000万円以上あること(笑)」(20代後半)

「過去に付き合った事のある人数が、申告している数の倍です」(20代後半)

「家にひとつだけあった、食べ終わった後のプリン。『友達に貰ったプリン』って言ったけど、ほんとは自分用に一個だけ買ったプリン」(30代後半)

「過去に付き合ったことがある人数」を少なく申告するのは、相手を傷つけないための、恋人同士だからこそありがちな“思いやり”と言えなくもありません。しかし「貯金1000万円以上」を黙っているのは、彼氏との共有財産にする気はなく、自分の身を守るための貯えなのでしょうか?それを「彼氏が信じられないなんてひどい」と思う人もいるかもしれませんが、中には「リスクヘッジとして賢い選択」ととる人もいるかもしれません。

1 2