恋愛&結婚 【恋愛講座】男の本音炸裂!真夏のデートで「次はないな」と思う女性のNGな態度4選

今年も暑さの厳しい夏がやってきました。好きな男性とデートすることになっても、外で過ごすのはちょっと気が引けるときもありますよね。

同じように、男性も真夏のデートは大変です、暑さ対策だけでなく、女性の様子にも気を配ります。そんな男性が「この子と次はないな」と思うのは、デリカシーのなさが原因だったり、一方的な不満をぶつけられたりするとき。

過ごしづらさを感じるのは男女変わりません。相手に配慮のないデートでは、一度きりで終わってしまう可能性があることを忘れないようにしましょう。以下から、具体的にどんな態度がNGなのか、ご紹介します。

常にメイク崩れを気にする

「前にデートした子は、とにかくメイクの崩ればかり気にしていた。汗をかくしみっともないのはイヤなんだろうけど、こっちに集中していないのがわかると楽しさも半減する」(29歳/配送)

気になる男性とのデート、メイクに気合を入れる女性もいるでしょう。

化粧の崩れた顔を男性に見せたくない気持ちはわかりますが、常にそればかり気にしている様子は、デートを楽しんでいないととられて男性の気持ちを萎えさせます。

「クルマの助手席で化粧直しを始められたときはドン引きした」という意見もありますが、デリカシーがないのも問題。人前でファンデーションを塗る姿など、どんな場面でも控えたいものです。

メイクをする段階から、汗崩れはしっかり対策を。デート中は男性に集中することを忘れずにいましょう。

まともに食事をとらない

「気になる女性を初めてデートに誘ったとき。『食欲がないから』って夜の食事もカフェで軽食みたいなものになってしまい、物足りないというか楽しくなかった」(32歳/総務)

こちらも「もう誘いたくない」男性の声で多かったもの。

暑さが厳しいと確かに食欲が落ちてしまいがちですが、好きな男性とのデートでは食事も楽しみのひとつ。軽食ばかりだと男性は体力ももたないし、良い雰囲気が作れません。

たまに「少食をアピールすれば女らしく見えるかな」と思う女性がいますが、はっきり言って逆効果。デートのときまでまともな食事ができないような女性は、男性にとって敬遠したくなるものです。

本当に食べられないと思ったときは、最初に伝えてしまうのが吉。

「お昼は軽めにして、夜に栄養のある食事をしようか」など、男性の立場も忘れない提案ができれば、空気を悪くすることもありません。

1 2