恋愛&結婚 【恋愛講座】危険!都合のいい女は絶対に嫌なのに「セフレにされやすい女性の特徴」5選

あなたは、好みのタイプの男性との恋愛にこだわっていませんか?

とくに見た目だけで男性を判断しがちな女性は、自分の理想にピッタリ当てはまる男性と出会うと自分を見失いがち。決してそんなつもりはないのに、気がつけばセフレ扱いされてしまう可能性が高いです。

都合のいい女になってしまうのは、男性に愛情を利用される隙があるから。男性を見る目も大事ですが、自分の振る舞いを見直すことも忘れてはいけません。

では、どんな女性がセフレにされやすいのか?今回はターゲットにされやすい女性の特徴をご紹介します。

尽くすことに満足する

まず、女性をセフレ扱いできる男性が求めているのは、自分に尽くしてくれる女性。

こちらが誘わなくても女性からいつも連絡がある、お願いしなくても迎えに来てくれる。「ありがとう。大好きだよ」と言っていればそれで満足してくれる。

男性にとって、これほど楽な存在はありませんよね。

尽くすことに満足する女性は、男性から愛情をかけられることより自分の行動に満たされてしまうので、都合のいい女になっても気が付きにくいのが問題です。「彼のために」動くことが当然になると、無茶な要求をされても断りにくくなったり、嫌なことをされても拒否できなくなったりと、ストレスのかかる付き合いに発展するのもよくある話。

自分が彼のことを考えるぶん、彼からも大事にされているかどうか、自分の扱いについて彼の態度を考え直してみる機会を持ちましょう。

惚れっぽい性格

ちょっと甘い言葉をささやかれると、すぐその気になってしまう。また、一目惚れしやすかったりその場の雰囲気に流されやすかったり、惚れっぽい女性は男性から「チョロいな」と思われがちです。

最初から女性に好意を持たれていることがわかると、男性には余裕が生まれます。追いかける必要がないので、そのぶん適当な扱いもできてしまいます。

簡単に好意を見せることは、距離が近づきやすいメリットがある反面、男性の意思で関係を左右されやすいデメリットもあることを忘れずにいましょう。

たとえ一目惚れだったとしても、男性の人間性を見極める姿勢を持ちましょう。関係の主導権を相手に渡すような恋愛は、自分の愛情も相手には届きにくく、結局ストレスの溜まる付き合いになります。

惚れっぽいのは相手の長所を見つけやすい良い面ですが、安易に相手の言いなりになるのは避けたいですね。

自分を犠牲にするのが好き

また、弱っている男性を放っておけなかったり、彼のために自分が嫌な目に遭うことを受け入れてしまったり、自分を犠牲にすることをいとわない女性も、男性にとってセフレとして好都合。

「俺のためならできるよね?」と頼られることに快感を覚えてしまうと、自分の本音が見えなくなってしまいます。

本来、恋愛関係は対等な関係であるはずです。自分ばかり負担が多かったり、無理をさせられたりするような付き合いは、決して前向きなつながりとはいえません。

頼られるから愛されていると思いがちですが、誠意のある男性なら、女性に無理をさせたぶんしっかりと愛情を伝える時間を持とうとします。

一方的に犠牲を強いられることは決して愛情の証ではないことを、思い出してくださいね。

1 2