恋愛&結婚 【恋愛講座】結婚できないのは親の呪縛が原因?信じていると一生幸せがつかめない「親の価値観」4選

普通の人生を送っているはずなのに、「何だか満たされない」と思うことはありませんか?それは、親子関係が関係しているかもしれません。子どもは、身近な大人である親から大きく影響を受けるもの。

しかし、昭和と平成では、社会情勢が大きく異なります。そのため、50~60代の親から言われたことにいつまでもとらわれていると、現実とのギャップにさいなまれてしまいやすいのです!

自分では呪縛のつもりがなくても、心のどこかに少しでもすりこまれていると危険信号。色眼鏡で物事を判断してしまい、幸せを逃しやすくなります。

そこで今回は、女性の幸せを遠ざけやすい要注意な価値観をピックアップ。早めに今の時代にそぐわない考え方は手に入れて、モヤモヤとは無縁の楽しい人生を歩みましょう。

■1:「女性は早く結婚をするべき」

親世代の若いころは、親が縁談を見つけてきてくれる時代でした。そのため、20代のうちに結婚~出産を済ませる女性ばかり。

しかし、今は待っているだけで縁談が来ることはありません。自ら動いて出会いを探す時代です。相手探しが必要なかった親世代とは事情が全く違います。

そもそも、早く子どもを産むことだけ考えて結婚して、幸せになれる保証はどこにもありません。夫選びに失敗すれば、キャリアが台無しになる可能性もあります。

また、日本はまだまだシングルマザーが生きにくい世の中。小さい子どもがいるために離婚を選べず、夫の浮気や暴力に耐えながら生活している女性もいます。

昔は耐え忍ぶことが美徳で結婚が生きるために必要な選択肢だったため、親世代は夫に不満があっても我慢する女性ばかり。辛いことを隠して、自分の子どもに結婚を強いている可能性もあります。決して、早く結婚をして子どもを産むことだけが幸せではないのです。

現代は、女性の社会進出に伴い経済的に自立している女性が増えています。結婚だけしか幸せがなかった時代は終わり、色々な幸せを選べる時代です。親の幸せと自分の幸せは違うということを伝えましょう。

■2:「普通の男性でいい」

親世代は「娘を苦労させたくない」との思いから、高年収・安定企業勤務を普通の男性と認識することが多いです。しかしこのご時世、男性の平均年収は下がっており、親が求める普通の男性は婚活市場にほとんどいません。そのため、親世代の普通を基準にしていると、婚期が遅れてしまう可能性があります。

さらに女性は、自分より少しスペックの高い男性を普通の男性と認識しがち。そのため、女性が求める男性が無意識のうちにかなり格上になりやすい傾向があります。

結婚生活は、お互いのギャップが少ない方ががうまくいくもの。結局はあなたと似たようなスペックの男性と同類婚する方が価値観にズレがなく、長続きしやすいです。もし婚活がうまくいかないなら、普通の男性とはどんな条件なのか、その条件に当てはまる人は人口の何%くらいなのか、冷静に調べてみましょう。

また、現在ではキャリアアップのために転職を繰り返す男性も少なくありません。親世代は終身雇用の時代で、一企業を勤めあげることが美徳。転職やリストラの可能性を考えていない可能性が高いです。

今はひとつの企業のみで仕事を続ける男性が優秀とは限りません。とくに専門職は実績が全てなので、回り道が必要になることもあります。もし自分ではなく両親が普通にこだわるのであれば、現状を数字で説得してみましょう。

1 2