恋愛&結婚 10代の恋愛に関する実態調査……7割以上は子ども欲しい願望アリ!出会いのキッカケは「学校」に続いて「SNS」がランクイン

2015年より選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられましたが、2022年4月には成人年齢も18歳に変わります。それに伴い「日本財団」では、18歳を対象としたさまざまな意識調査を実施。今回はその中で「恋愛・結婚観」をテーマにした調査結果をもとに、18歳の恋愛観について考察してみたいと思います。

いまの時代も出会いのきっかけは圧倒的に「学校」

まずピックアップするのは「異性との交際経験」と「彼氏・彼女と出会ったきっかけ」。18歳であれば、今も昔も恋人がいてもおかしくない年齢です。ただ昔と違うのは、スマホやSNSによって出会いの場所が大きく広がったことではないでしょうか?SNSがあれば極端な話、出会ったことがない人とでも恋愛関係になることもできますが、そのあたりどのくらい影響しているのでしょうか?結果は次の通りです。

昔は存在していないSNSはもちろん、「インターネットのマッチングサイト」もまだまだ少数派です。

交際経験がある人は55.5%。半数以上ですが交際経験がない人もかなり多く、「彼氏・彼女がいて当たり前」というほどでもないようです。そして出会ったきっかけですが、今の時代も圧倒的に多いのは「学校」で64.9%。2位はやはり今の時代を象徴する「SNS」がランクインしていますが、かなりの大差となっています。

18歳は高校3年生もしくは、卒業して1年目に該当する年。結婚の現実感もなく、大いに恋愛を楽しめる貴重な時期です。

また同調査では18歳の男女に「彼氏・彼女が欲しいですか?」と尋ねたところ「はい」と答えた人は64.8%に。半数よりは多いですが、「いいえ」の人も35.2%と意外といることが分かります。ではなぜ彼氏・彼女が欲しいのか?その理由とともに、「いいえ」と答えた人についての理由も調査した結果、上位の結果は以下の通りとなりました。

 

  • 彼氏・彼女が欲しい理由(上位)

1位 恋人との思い出をたくさん作りたいから……50.6%

2位 一人でいるのは寂しいから……39.9%

3位 性的欲求を満たしたいから……21.4%

 

  • 彼氏・彼女が欲しくない理由(上位)

1位 恋愛よりも趣味を優先したいから……39.5%

2位 一人でいるのが好きだから……38.1%

3位 恋愛は面倒だと感じるから……34.5%

 

1 2