恋愛&結婚 婚活漫画「ガラスの靴は割れてもはける」の著者に聞いた!(2) 婚活しても出会えない女性の共通点

婚活中の堅実女子のみなさん、お元気ですか?先週に引き続き、今週も『フィール・ヤング』で連載中の婚活漫画『ガラスの靴は割れてもはける』の作者・都陽子先生にお話を伺います。(先週の記事はコチラ

結婚相手について考えていると、「こういう男性は嫌だ」といった条件が増えていきがちですよね。でも、本当に結婚したいなら、譲れない条件は3つだけにして、これに当てはまる男性とはピンとこなくても会ってみませんか?たった3つに絞れば、結婚の可能性がグッと高まります。

このアドバイスをくれたのは、『ガラスの靴は割れてもはける』の主人公・千佳子。彼女はこれを3か条ルールと命名し、「そうでもしないと相手を絞れず永遠にチャンスはない。特に君達のような、でもでもだってちゃんはね!」と脅し、“年収が私以上”“子供欲しい”“都内在住”と設定しているのです。

千佳子が譲れない3つの条件。

 

3か条ルールがすごいのは、たったこれだけで婚活がうまくいってしまうところ。千佳子の友人・舞は、“専業主婦”“年収500万以上”“長男以外”と設定して婚活アプリを使っただけで、なんと2回目デートでプロポーズされてしまったのです!

漫画の話ではありますが、条件を絞るだけでこんなに婚活がうまくいくものなのでしょうか……。

今回、実際に取材したり婚活経験者に話を聞いたりしてわかった婚活女性の実態を、作者の都陽子先生に教えていただきました。なんと、婚活してもうまくいかない女性には共通点があるそうです!

――そもそも、この3か条ルールはどのように誕生したのでしょうか?

3か条ルールを語る千佳子。

都陽子さん(以下、都) 実は、私自身には婚活の経験がないんです。なので婚活経験のある編集さんから聞いたのですが、編集さんたちは元々グループで婚活をやっていたんだそうです。ただ、若い女性、かわいい女性ほど結構条件が厳しくて。それで「言い寄ってくる男性はいるのに全然デートもしない。次につながんないじゃん!」と気付いた人が、「自分の中で最低限これがいいというところを3つと、どうしても許せないところを3つだけあげよう」と言いだして、この条件に合う人には、絶対会うようにしていたんですって。だから実際には全部で6つ、6か条ルールだったんです。

――そうだったんですね。実際、舞のように条件がゆるければゆるいほど婚活はうまくいくんでしょうか?

ゆるい条件を3つ挙げる舞・26歳。

 

都 漫画に出てくる舞に関しては、そんなに結婚に求めるものがない。結婚に条件がない人なんです。仕事もやりがいがないし、恋愛に重きを置いていない。ただ、年齢が26歳だと、周りからいい人いないの?と言われる。そういうのがめんどくさい。それで何も言われないために、人から見て完全に幸せな結婚をして、周りからめんどくさいことを言われたくない。だから婚活を始めていくわけです。舞の場合は、顔がかわいいし、若い。で、言い寄られたから厳選しただけ。だから、条件がゆるいからモテるわけではないんです。ただ、ゆるいと母数は増えるので、ゆるいに越したことはないかな、と。

――同じことを以前取材した結婚相談所の方も言っていました。条件を160センチ以上っていうよりは、155センチ以上のほうがそりゃ母数が増えますよね。1ミリの差でも切れちゃうから。それで母数を増やす。

都 ゆるいほうがいい、というのはそうなのかもしれないけど、舞に関してはそうじゃなかったですね。

合コンは結婚には結びつかない……!?

1 2