恋愛&結婚 質問の仕方ひとつで劇的に変わる!婚活イベントのプロに聞いた「趣味コン成功ノウハウ」【婚活レポ・後編】

婚活も就活も振り返りなしでは成功しない

ただ、それでもなかにはどうしても、全く興味が持てない男性もいるもの。今回、ギャンブルに興味が持てず、競馬好き男性にフリーズしてしまったのですが、そういった場合のどんな対応が正解なのでしょうか?

「参加者の皆様に提供させていただいているのは、出会いの機会です。ですので、仮に興味のない方とのトークタイムであっても、話してみないことにはわからないことがたくさんあるかと思います。実際に話してみて印象が違ったなどのケースはよくある話ですので、ぜひお話しください」(平田さん)

筆者が編集者として最初に担当した媒体は、鉄道マガジンでした。全く興味のない分野でしたがやるうちに楽しくなったので、話を聞くうちに興味がわく、というのはあるかもしれないですね……。

「そもそも、婚活パーティーに参加すれば、必ず理想のパートナーに出会えるわけではありません。現在、地縁や職縁など、普段の生活の中で出会いを見つけるのが難しい時代になってきております。その中で出会いの機会を提供させていただくことで、きっかけのひとつと考えていただければと思っております。

参加いただいたパーティーを振り返り、ご自身で何か今後につなげていただければ幸いです。『男性に全然いい人がいなかった』と考えるより、『次回はこうすればもっと会話が盛り上がって、お相手のいいところを引き出せるかもしれない』などです」(平田さん)

婚活を振り返る女性のイメージ。

婚活でも、振り返りが必要不可欠。これも就活と一緒ですね。自分に魅力があれば、自然と男性からアプローチされるわけですし。内定が出なかったのは、何かしらの原因があるはず。自分を変えようとせず、ただ相手に理想だけ求めても始まらないということは肝に銘じたいです。

プロが語る趣味コンがうまくいく秘訣4つ

あと、最後に気になったのが、トークタイム中に1人になること。女性の方が人数が多かったので仕方ないのですが、そういったときは何をしていればいいのでしょうか?

「男女比が同じになるようパーティーを設定しておりますが、どうしても前後で2名くらいの差異が出るケースもございます。このような場合は、ご自身のプロフィールカードを見直されたり、休憩されたりしている方が大半です。

はじめての方とお話しとなると緊張され、思った以上に疲れていることも考えられますので、ゆっくりとお休みいただく時間にあてていただければと思います」(平田さん)

婚活イベント参加後は、ものすごい疲労感。1人になったときまで、無理して何かしていなくてもいいんですね。さすが、婚活イベントのプロは言うことが違いますね。参加者とは異なる視点のアドバイスが参考になります。

趣味コン成功の秘訣をまとめると、(1)趣味コンの参加者全員が同じ趣味の持ち主ではないと心得るべし、(2)共通点がない場合はその男性の趣味についてどんなところが魅力なのかを聞き出すべし、(3)「YES・NO」で答えられる質問は避けるべし、(4)終了後は自分の言動を振り返って次回どうすればうまくいくのかを考えるべし、という感じです。

まとめ

筆者は「趣味コンなのに同じ趣味の人がいなかった」とガッカリしてしまいましたが、そもそも婚活イベントで「いい人いない」と考えるのは要注意。この考え方をずっとしていると、婚活疲れの原因になりがち。

魅力がある人は「相手のいいところを引き出そう」と考えるもの。自分を変えずに選ばれる人は一部のモテる人だけ。完璧な人間はいません。今回参加して、趣味コンで選ばれるためには、まずは内面を輝かせる努力をしていく必要があるのだとわかりました。

ぜひこれから趣味コンに参加されるみなさんは、筆者の失敗を反面教師にしてください(泣)。

 

【取材協力】※おとなの婚活パーティーOOTOCON運営会社株式会社パートナーエージェント)

https://www.otocon.jp/

1 2

プロフィール

Suits婚活研究所

すべてのSuits女子のため、幸せな結婚のためのテクニック、体験談、最新ニュースを追い求め、日々研究。西に婚活イベントがあれば走り、
東に相席居酒屋があれば走る婚活研究所。現在の研究テーマはマッチングアプリの比較研究。ここだけの話、まゆ子も所属しているらしい。