恋愛&結婚 5年前に結婚したダンナに別れたいと切り出されました。理由は「人生における価値観が違いすぎる」「もっと自分をもっていて、それぞれが自分の好きなことを楽しんでできる人がよかった」「俺に頼りすぎる生き方はうんざり!」などと言われて、ショックで激泣きしたら、いまのところはおさまっています。夫は稼ぎがいいので、別れた後の生活は保障してくれるといいます。でも、別れたくないのです。確かにささいなことでのケンカはしょっちゅう。ただ、突然こんなこと言い出すのって、納得できません。今は家庭内別居のようになっています。このまま続けていくことはできるのでしょうか?E・Nさん(35歳・一般事務)

A離婚はやむを得ない可能性も。新たに自分に合ったパートナーを探してみては?

私の知人の男性は、家族に依存して「自分」というものを持たない母親が子供の頃から嫌いだったと言います。
そして、50歳になった現在でも、同居するその自分の母が嫌いで、時々ブチ切れそうになるのだそうです。

この証言から何がわかるかと言うと
1    誰かに依存する性格は、一生治らない。
2   依存する人間が嫌いな人は、一生嫌いなままである。
ということなのです。

あなたは、彼から別れを切り出されて「激泣き」したそうですね。
「激泣き」を許されるのは、幼児だけです。
記者会見で「激泣き」した県会議員は、日本中から大ヒンシュクを買いました。
この「激泣き」に、すでにあなたの幼児的依存性格が表れていると思います。
彼が、「別れた後の生活の保障もする」というのは一刻も早く別れたい意思の表れでしょう。
「金ならいくらでも出すから、別れてくれ」ということなのですよ。

あなたは「突然こんなことを」と思っていますが彼にとっては突然でもなんでもなく、ずっと我慢していたのではないでしょうか?
1027renai

▼他に女性の影は? 次ページでチェック!

1 2