恋愛&結婚 美人の友達を紹介して欲しいと言われて、私の彼・Aとその同僚Bに、私の学生時代の友人C子を紹介しました。その夜は非常に楽しい飲み会だったのですが、気になるのはその後。うっかりBのフェイスブックで気づいてしまったのですが、その後彼らは、私抜きでC子とC子の美人の友達D美と何度も4人で会っているようなのです。彼とは職場ではあまりバレたくないので付き合っていることは公にはしていません。N・Aさん(36歳・メーカー勤務)

「Bのフェイスブック見たんだけど、あなたC子とこの前会ったのね~?」
そう笑顔で軽く探りを入れてみてください。その言われた時の彼の態度を観察するのです。

(1)ドギマギして目をそらす → 後ろめたい証拠 → あたしに隠れてそういうコソコソは止めてね、と明るく釘を刺す。

(2)憮然と「ああ、会ったよ。なんでお前にいちいち報告しなきゃいけないの」と逆ギレされる → 彼はあなたからC子かD美に乗り換えようとしている → 「私、Aのこと信じているからね!」と思いっきりぶりっ子で健気な女の子を演じる

(3)「うん。会ったよ。楽しかったよ。C子(D美)ってめっちゃ美人。つきあいてぇ~」とあっけらかんと答える → あなたのことを最初っから彼女はと思っていなかった。 → 彼と別れましょう。

あなたに「美人の友達を紹介して欲しい」という時点で、(3)の可能性も否定できません。会社で公にしないのも、彼はあなたのことを単なるセフレと思っているからなのでは? 

フェイスブックにBが写真をアップさせることを許しているのも「バレてもいいや」とどこか腹の底で考えているからかもしれません。

だとしたら、さっさと別れた方が得策です。

賢人のまとめ

フェイスブックで感じた疑問は、時間をおかずにすぐ相手に確かめるべし。

1 2

賢人プロフィール

恋愛の賢人柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』(小学館)などのヒット作を連発し“恋愛の教祖”として人気を博す。近著に『東京ラブストーリーafter25years』『老いては夫を従え』(共に小学館)など。故郷の徳島市観光大使も務める。夫は漫画家の弘兼兼史。