恋愛&結婚 好きな人ができるとついついめんどうをみたくなってしまいます。お弁当を作ったり、職場に差し入れしたり。最初はいいのですが、うっとおしがられるように。彼の友達はみんな「いい彼女見つけたな」って評判はいいんですが、同じ理由で何度かふられてしまいました。重すぎると男性は逃げたくなるのでしょうか?I.Hさん(29歳 不動産会社勤務)

A家庭的をアピールすると、結婚願望の強い女と敬遠される危険性が。 婚約するまで、その性格を封印するか。もしくは、世話を焼かれたい男性を探すか。どちらかの二者択一で。

結婚はまだまだだと考えている男性。もしくは、一生独身で過ごしたいと思っている男性にとって、弁当を差し入れする女性とは、全速力で逃げ出したい存在であるらしいです。というのは、彼らにとってそういう女性は、<結婚したくてしょうがないタイプ>に見えるのです。

弁当をエサに隙あらば結婚 → 結婚と同時に仕事をやめ専業主婦 → 彼女の一生を俺が面倒みなきゃいけない? → そんな責任まだ負いたくない

彼らの頭の中を、こんな図式が駆け巡るのです。まだまだ遊びたい男性、女房を養う甲斐性などまだないと考えている男性は、だから逃げ出そうとするのです。
多分あなたは、ただ単に母性あふれた世話好きな女性で、そこまで深く考えず、自分がそうしたいから弁当を作っているだけなのでしょう。でも、若い男性はもっと深く勘ぐるのです。

それと、彼の職場に差し入れするのも、少しやり過ぎかもしれませんね。

「ちょっと付き合ったぐらいで女房面するな」

そんな風に思う男性は多いものです。

「職場の同僚にいい印象を与えて、外堀から埋めようとしているのか?そこまでして結婚したいのか?」

そこまで勘ぐられたら、もうアウトです。

 しかし、世の中には結婚したくてしょうがなくて、家庭的な女性を求めている男性もまた、いるわけですから。そういう男性にとっては、あなたは理想的な女性となるはずです。
つまり、今までうまくいかなかったのは、そういうタイプの男性と出会わなかったミスマッチも原因かもしれません。
一番堅実なのは、あなたの世話焼き願望を、婚約するまで封印することです。けれど、それがどうしても我慢ならず無理というなら、

「私のこの、愛情深いおせっかいをウザいと感じる男性なんていらないわ」

そのぐらい強気に出て、ふるいにかけ、残った男性と付き合うしかないですね。あなたらしく、幸せを追求すればいいのです。自分らしく、ありのままに。

賢人のまとめ

家庭的をアピールすると、結婚願望の強い女と敬遠される危険性が。 婚約するまで、その性格を封印するか。もしくは、世話を焼かれたい男性を探すか。どちらかの二者択一で。

賢人プロフィール

恋愛の賢人柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』(小学館)などのヒット作を連発し“恋愛の教祖”として人気を博す。近著に『東京ラブストーリーafter25years』『老いては夫を従え』(共に小学館)など。故郷の徳島市観光大使も務める。夫は漫画家の弘兼兼史。