恋愛&結婚 ズバリ!結婚に向く男の条件ってなんですか?私は、ダンゼンお見合い派!柴門先生、あえて、こういう男を選んだ方がいい、もしくは、こういうタイプは結婚に不向き!というのがあれば、教えてください。結婚相手を選ぶときのポイントが知りたいです。S・Jさん(30歳・金融関係)

Aひと言でいうと、結婚に向くのは、家族を愛することができる男性です。

それ以外、何があるでしょうか?

では、どうすれば、家族に愛情を持つ男性かそうでないかを見分けることができるでしょう?
簡単です。彼の育った家庭を見ればいいのです。愛情深く育てられていれば、彼もまた、自分が持った家庭に愛を注ぐことでしょう。

一方、どんなに裕福でも、放任されっぱなしだったりゆがんだ教育を受けて育った男性は、家族にどう接したらいいかわからず、家庭を突然放り投げたりします。でも、そういう破滅的で不安定な一面を持つ男性に、女性は引かれたりします。私だけが彼を救えるの、などと思ってそんな男とあえて結婚したりするのですが、たいがいは失敗します。人を変えることなんか、できませんから。

次に、まったく自分の言いなりになる男か、話せば折れて言うことを聞いてくれる男性が良いと思います。同性からみても「キツイなあ」と思う女性でもちゃんと結婚し、しかも結構円満に家庭生活を送っているケースが少なくありません。その家庭をリサーチしてみると、夫がとにかく従順で妻のいいなりという構図が浮かび上がりました。こういう言いなり男が探せばいるものなのです。

「男性がリードするもの」という考えでないなら、おススメです。
決して女性の言いなりにはならないけれど、筋が通っていれば女性の意見も認めてくれる男性も、夫としては優秀です。頭ごなしに怒鳴ったり、ハナから女性を馬鹿にしているのは、問題外ですね。

危機管理能力が優れていれば、さらにいいでしょう。家族の危機「病気、けが、事故」の時にオロオロする男性だとがっかりです。でも、妻であるあなたがしっかりしていれば、この問題は解消するでしょう。結論として、人としての基本がしっかりしていれば、夫としてもしっかりやってくれるということです。

逆に、一目でわかる「結婚に向いていない男性」。それは、イケメンです。イケメンは避けた方が、幸せな結婚に近づけます。「自分はカッコイイから、何をやっても最終的に女は許してくれるさ」こんな甘ったれたふざけた考えの男は、夫として最悪ですから。

賢人のまとめ

結婚相手を選ぶには、相手の家庭を良くリサーチすべし。そしてイケメンは避けるのが、無難。

賢人プロフィール

恋愛の賢人柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』(小学館)などのヒット作を連発し“恋愛の教祖”として人気を博す。近著に『東京ラブストーリーafter25years』『老いては夫を従え』(共に小学館)など。故郷の徳島市観光大使も務める。夫は漫画家の弘兼兼史。