恋愛&結婚 カレが私より飼っている愛犬を大事にしすぎで腹が立ちます。 デートも休日は犬連れがほとんどですが、 たとえば、旅行に行くときなど、新幹線の三席並びの席をとり、 私とカレの間に犬のケージを置くのです。 わたしからすれば「はあ?」って感じです。こんなカレと結婚して幸せになれるでしょうか?Y・Iさん(32歳・出版社勤務)

A犬をライバル視するなかれ。 彼の趣味・興味に共感すれば、あなたの好感度もアップ!

恋愛すると、多くの女性が「世界で一番あたしを大切にして」と要求します。これがエスカレートすると、「仕事とあたしのどっちが大切なの!」と男に詰め寄るようになります。うざいです。こういう女だと、男性は必ず逃げ出します。

しかし、恋愛には嫉妬と独占欲が必ずついてきます。
彼と貴女と犬とでいると、彼は犬の方を大切にする。恋人からないがしろにされるわけですから、面白いわけがありません。

しかし、物は考えようです。貴女は彼にとっての「人間の女の中ではトップ」を目指せばいいわけですから。犬をライバル視すること自体、おかしいのです。犬は、犬です。
そして男とは、自分が大切にしているものを、同じくらい大切にしてくれる女性に好感を持ちます。

なので、むしろ彼は御しやすいタイプといってもいいかもしれません。彼の愛犬を褒めて褒めて褒めちぎるのです。
そうすれば、彼は、貴女を人間の女の中では最高の地位に置くことでしょう。
そして、愛犬を手なずけることに成功すれば、もう完璧です。
犬を排除するのではなく、利用するのが、この恋をうまくいかせる秘訣です。

とある超モテバツイチ男が、再婚するきっかけとなったのが
「僕の娘がなついたから」
という事例もあります。

ペットを溺愛する男だけではなくこの作戦は様々なバリエーションを持ちます。マザコン男なら、彼のお母様を褒めて持ち上げ、尽くすのです。
すると、同年代の未婚女性ライバルから頭一つ抜きんでる確率がぐんと上がること間違いなし。

オタク青年が相手なら、彼こだわりのオタクグッズを褒めちぎりましょう。
「今まで気づかなかったけど、ガンダムの戦闘服って美しいのね」とか。
AKB48ファンなら、推しメンを一緒に応援すればいい。ポイントは、かれの趣味を「異常」とか「キモイ」とか思わないことです。

もっとも趣味が「若いキャバ嬢」という男性だと、このテは使えませんが。

賢人のまとめ

人間の若い女の中でトップに立てればいいのです。 彼が愛情を注ぐものを、褒めてあげれば好感度がぐっと増すこと間違いなし。

賢人プロフィール

恋愛の賢人柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』(小学館)などのヒット作を連発し“恋愛の教祖”として人気を博す。近著に『東京ラブストーリーafter25years』『老いては夫を従え』(共に小学館)など。故郷の徳島市観光大使も務める。夫は漫画家の弘兼兼史。