恋愛&結婚 結婚して7年、夫とは今もそこそこ仲良しで、共働きでがんばっています。 最近、あるプロジェクトを任され、そこで一緒に働くチームのひとりと恋に落ちました。 良心の呵責を感じながらも、一緒にいる時間が長いのでどんどん彼に惹かれていきます。 まだ、かろうじて踏みとどまっている状態ですが、胸が痛いです。 夫はいい人で、大事な人ということに変わりありません。 家庭を壊す気はないんですが・・・。 (R・Mさん 32歳 建設業)

A今の状況が、「かろうじて踏みとどまって」いられる程度ならば、 そのまま事を起こさず、動かないことです。

「そうするしかなかった」
「それ以外に、選択肢が無かった」

本当の恋とは、そういうものだと思います。 その覚悟で飛び込めば、それ以降二人に降りかかる困難も乗り越えられる可能性が高いです。
しかし、軽い気持ちで事を起こした場合、もしそれがバレ、周囲を傷つけ大騒ぎになった時 「ああ、やっぱりあの時踏みとどまっておけばよかった」 と、ぐじぐじと後悔すること間違いないです。

でも、「どんなに大事な人を傷つけたとしても、私はこうしなくてはいられなかった」 そう宣言できるなら、それはもう「おやんなさい」としか、言えませんね。 あなたに、その覚悟はありますか? そして、私自身50年以上生きて来てみて、また30年以上恋愛ウォッチャーとして考察を続けてみて、はっきり言えるのは、「恋は、冷めます」 貴方自身、夫は大切な人で家庭を壊す気が無いのなら、答えはもう出ていますよね。

良心の呵責を感じているあなたが、彼と踏み込んだ関係になれば、絶対夫にばれますよ。浮気がばれない妻というのは、夫に対して興味も愛情も全く失せているため、良心の呵責などみじんもなく、悪いことなんか何もしていないと思っているタイプです。 恋のせいで痛い胸なんて、半年もすれば消え去ります。

一方夫に対する、良心の痛みは一生ずっと続くと思います。 一番大切な人が誰なのか。そして、その大切な人を傷つけていいのですか? 結婚7年目で、夫との間にはもうときめきや新しい発見は無いのでしょう。 彼には、それがあるから楽しいのです。 でも、時間が経てば、彼もまた同じように、ときめきも新しい発見も無い男になることでしょう。

貴女は32歳と、まだ若いので性欲の衝動もあると思いますが、ここは我慢の踏ん張りどころですね。肉体関係のハードルを下げると、そのままズルズルと行ってしまう危険性がありますから。次々と浮気を続ける人妻になってしまいますよ。

賢人のまとめ

踏みとどまれる恋なら、とどまっておきなさい。

賢人プロフィール

恋愛の賢人柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』(小学館)などのヒット作を連発し“恋愛の教祖”として人気を博す。近著に『東京ラブストーリーafter25years』『老いては夫を従え』(共に小学館)など。故郷の徳島市観光大使も務める。夫は漫画家の弘兼兼史。