恋愛&結婚 【恋とキャリアの上方修正】仕事先延ばし、締め切り破り……このルーズな姿勢と性格は変えられるのか~その2~

恋愛は、悪い時期を乗り越えることも大切

しかし、グラフィックデザイナーとしてのキャリアを15年、フリーになって4年が経つ真貴子さんが飽きっぽいとは思えません。また、ファッションを拝見しても、よく手入れされた服を着て、小さなアクセサリーなど細やかなポイントに気を配っています。そんな人が、とてもだらしないとも思えません。

彼との関係にしても、真貴子さんは「もうだめだと思う」と言いますが、男と女は関係を深めてからしか、わからないこともあるもの。同棲をはじめたらイヤになったという時期を乗り越えて、また関係に理解と深みが出るものです。

私は独立した理由を、真貴子さんに聞いてみました。それに対する回答は「念願の独立だったつもりですが、今考えると、ただ何となく、そのほうがいいと思って独立した程度でした」と語ります。

さらに、「今後、向こう5年、10年、20年、30年くらい先の未来は、どのようになっていたいか」ということも聞いてみました。すると真紀子さんは驚いた顔をして、「そんな先のことなんか考えたこともありません」と返してきました。

私たちは、目の前のことだけに集中してしまうと、それさえ片付ければいい、と、つい考えてしまいがちです。だから、それが片付きそうな目途が立つと、やる気が下がってしまうのです。

さらには締切りを守れなくとも、その場で許されるなら、それもそれでいいだろう……そう甘えてしまうものです。

そして、その状態が継続することで、ただ毎日をこなすことだけに捉われてしまい、その延長で未来を考えると展望は暗くなり、不安に心が支配され、さらにやる気が下がるという悪循環にハマってしまうのです。

そこで真貴子さんには、まずは5年先、そして20~30年後の目標を考えてもらい、書き出してもらいました。それを実現していくために、何をする必要があるのか。今の仕事の取組み方、彼との付き合いが将来にどうつながるかを、書いてもらいました。

少し時間をかけながら、自分の人生の設計図を可視化したことで、真貴子さんは目の前の仕事一つ一つが、実はそれ単体で終わるものではなく、すべて将来へのプロセスであるということがわかってきました。すると、一つ一つをないがしろしはできません。むしろ高い意欲で、楽しみながら取り組めます。

以来、真貴子さんは仕事へのやる気も高まり、仕事も納期を厳守するようになったとのこと。表情も明るくなり、彼との結婚話も進んでいるそうです

日々の「業務管理と計画」だけでなく、自分の人生において、数年先の未来を描き、紙に書出すことが、キャリアの転換につながる人は多い。

賢人のまとめ

1、目先のことにとらわれると、やる気が下がるものです。 2、やる気を高めるには、5年後の理想の将来のことを考えること。 3、長いスパンでの将来の計画を作るとモチベーションは上がる。

1 2