恋愛&結婚 【恋とキャリアの上方修正】ダブル不倫で、うっかり離婚……真面目な母親が引っかかった、恋の落とし穴~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、真面目なキャリア女性に多い「ダブル不倫と離婚問題」についてお話します。

誠実な公務員夫の浮気疑惑

地元の公立大学を卒業後、地元の地方銀行で働く宮本千佳さん(仮名・33歳)は、現在、2人の子供を育てるシングルマザーです。

2年前に別れた夫とは、25歳で結婚。夫は2歳年上の県庁職員でした。千佳さんが24歳の時に、友人の主催した合コンで出会い、大学が同じだったことがわかって意気投合。1年の交際を経て結婚しました。翌年には長男が生まれ、その2年後には長女が誕生したのです。

真面目で誠実な夫と、2人の子供たち……夫は育児に協力的でした。それもあり千佳さんの銀行の仕事も、それまでと変わらず続けることができました。このときの千佳さんの生活は、幸せに満ち溢れているものでした。

転機が訪れたのは、2人目の子供が生まれた1年後、千佳さんが29歳のときでした。ある日、夫が珍しく朝帰りをしてきたのです。職場の飲み会が盛り上がり、3次会に行ってしまい、朝までカラオケをしていたそうです。今までそんなことはありませんでした。

そして、その日以降、夫の家での挙動が不審になります。夜遅くまでスマホを触っていたり、浴室にもスマホを携帯。当然、千佳さんは浮気を疑いますが、誠実だけが取り柄で、浮気するような器用さもない夫です。それだけは絶対ないだろう……そう思いつつも、千佳さんの心は晴れません。

いっそのこと本人を問い詰めればいいのでしょうが、もし本当に浮気だったとしたら、自分は立ち直れないほど傷つくし、浮気をしていなかったのなら夫は疑われたことで傷つく……そう考えると、夫を問い詰める勇気も持てないのでした。

夫の浮気疑惑について、男性の同期入社社員に相談

1 2