恋愛&結婚 10年交際も結婚先延ばし……優柔不断な彼をその気にさせる方法~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回のテーマは、キャリア女子が好きになりがちな「仕事中心男子」とのコミュニケーションのコツです。

仕事を最優先にしていた20代

都内の総合病院で、看護師として働く木原友恵さん(仮名・37歳)は交際相手で公務員の達也さん(仮名・40歳)との将来について漠然とした不安を抱いており、私のところにやって来ました。

2人が出会ったのは10年前。友人の主催した合コンでした。小柄でぽっちゃりとしており、明るくよく笑う友恵さんは、合コンでも人気者。当時も今も友人たちから、いろいろな合コンに呼ばれることが頻繁にありました。

とはいえ、27歳当時の友恵さんは仕事でのキャリアアップに熱心で、恋愛ごとにはあまり積極的ではなく、合コンに参加することはもちろん、そこで見知らぬ男性達と連絡先を交換するのも、本音では「面倒くさい」と感じていたのです。

友恵さんは8歳の時に、ハイパーエリートだった母を病気で亡くしています。世界中を飛び回り、ほとんど会話もしていなかった母……病で母が倒れてから、友恵さんは毎日病院に通います。そのときに、入院中に献身的なサポートをしてくれたのは看護師さん達でした。彼女たちのように自分もなりたいと考えて、看護師を志します。

憧れの職業だったから、キャリアは順調に積みあがっていく

1 2