恋愛&結婚 やっぱりダメ男が好き……不倫女子が自ら背負う苦労~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、キャリア女子に多い「ダメ男に安らぐ」というパターンについて。

上司と不倫し、妻が会社に乗り込んできた

外資系コンサルタンティング会社で働く小山内麻衣さん(仮名・32歳)は、大手広告代理店の営業職から転職して2年目。前職も現在もバリバリの体育会系の職場ですが、結果を出して認められることに喜びを感じる性格の麻衣さんにとっては、やりがいとキャリアも得られると、毎日が充実していました。

前の会社は給料も高く、待遇もよく、世の中に影響を与える仕事が多かった大手広告代理店です。なぜ転職をしたかというと、上司だった伸之さん(仮名・40歳)との不倫問題が原因でした。

伸之さんの不倫を疑った妻が探偵を雇い、麻衣さんのことを突き止めたのです。そして何と、妻は会社に乗り込んできて麻衣さんを呼び出し、大騒ぎになってしまったのでした。

幸い、麻衣さんも伸之さんも、会社から処分されることはなかったものの、伸之さんは地方へ転勤になりました。麻衣さんは社内の同僚の噂の的になってしまい、仕事を継続することはできません。結果的に麻衣さんは自己都合退職をし、今の会社に転職したのでした。

その後、伸之さんの妻とは慰謝料の支払い等もなく、「麻衣さんが伸之さんとの関係を断つ」ということを書面で約束して、不倫関係を清算。麻衣さんは、心機一転して新しい職場に移ったのでした。

サバサバしていて過去に執着することもない麻衣さんは、転職とともに過去の自分を捨て去り、新しい世界に入っていったのです。

そして、転職して1年目には同じ会社の別部署で働く、勇さん(仮名・35歳)との交際がスタートしたのでした。

不倫相手の上司は、バリバリと仕事を行ない、さまざまな問題を鮮やかに処理する姿も素敵だった。

新しい恋人は家族思いの男性で、結婚の話も出る

1 2