恋愛&結婚 ダメ男&不倫リピートの背景には「毒母」がいた…トラウマを克服するには?~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、母親の支配の後遺症で恋愛も仕事もイマイチパッとしないという、大手電機メーカーの企画研究部門で働く、森内明日香さん(仮名・28歳)が、そのトラウマが抜けるまでのお話を紹介します。

その1はこちら

母が亡くなって、ホッとした自分がいた

母が亡くなってから半年、恋愛をしようとしても、ダメ男か不倫ばかり繰り返してしまう……恋愛がらみで自暴自棄になってしまうなどのループにハマったと感じた明日香さんが、私のところにやって来ました。

明日香さんは抜群の容姿の良さと清潔感とプロポーションを持っており、男性を惹きつける要素が多々あります。黒髪ロングのストレート、ナチュラルメイク、育ちの良さがうかがえる服、嫌味のないワンポイントの高級アクセサリ……。そのわかりやすい“外見の情報”は、不倫願望がある男性が好みそうでもあります。

その後、一連の話を聞くことで、明日香さんが抱える問題が見えてきました。

これまでの明日香さんは、とにかく母から自由になりたいという思いが優先でした。だからこそ、母が決して望まないであろう恋愛をすることが、明日香さんが母の呪縛から逃れているという実感を得るための要素の一つだったのです。

「母が亡くなったのは悲しいのですが、どこかホッとする私がいました」と明日香さん。

母親は勉強をすることだけが正しく、「恋愛ははしたないこと」「バカがすること」「恥ずかしいこと」などと言っていたとか。そして、明日香さんが誰かを愛する気持ちを否定し続けてきたのです。

あらためて、これまでの明日香さんの恋愛について振り返ってみると、明日香さんはこれまで誰かを好きになったことが無いということがわかりました。母親が明日香さんの心に、「人を愛してはならない」という戒めをかけていたのです。

明日香さんに、過去の恋愛を振り返っていただくと、そうそうたるダメ男と不倫の連続でした。

「どの恋も、相手に声をかけられて、そのまま何となく一緒にいただけ。母にも愛されたことがないですし、母からも人を愛してはダメだと言われ続けてきたので」

明日香さんの母親は、100点を取らない限り、明日香さんを無視し続けたそうです。

「母が40歳くらいまでは、叩かれたり、蹴られたりしていましたが、『もう、怒るの疲れちゃった』と無視するようになったのです」

どんなときも、「自分を愛すること」が一番大切

1 2