恋愛&結婚 不倫の非日常感には要注意!セレブ妻が元カレに走った結末は…?~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は「元カレ」の誘いから、自分の人生の幸せに気づいた女性のお話です。キャリア女性は結婚以前に魅力的な男性と交際していることが多く、元カレと再会し、人生が変わったと語る女性は少なくありません。

舞台俳優の夢を追う27歳の彼に、30歳の彼女は……

現在、専業主婦をしている結花さん(仮名・37歳)は、5年前に智之さん(仮名・50歳)と結婚。智之さんは、都内近郊に多くの美容院と飲食店を経営しています。

2人が出会ったのは7年前。結花さんが30歳のときです。当時、不動産会社に勤めていた結花さんが、新規出店先の物件を探していた智之さんを担当したことがきっかけでした。

結花さんは整った顔立ちに、ストレートの黒髪、長身でスラっとしたスタイル、大和撫子然とした仕草が魅力的です。

古風なところがある結花さんに、智之さんが一目ボレ。智之さんの猛烈なアタックを行ない、結花さんは智之さんとの交際を決めたそうです。

当時、結花さんには、交際して2年になる栄一さん(仮名・34歳)という彼がいました。当時27歳だった彼は、舞台俳優をしながら、日雇いアルバイトをこなしていました。

長身で筋肉質、どこかワイルドなところがある彼を、結花さんはずっと応援していたいと思っていたそうです。「でも、私も30歳になり、結婚して安定した生活がしたかったんです」と当時を振り返ります。

結花さんは結婚したいと思っていたのですが、栄一さんは年収300万円に満たず、そのお金の大半は演劇活動に消えていました。

そんな経済的な問題は、すぐに解決できるものでもありません。栄一さんは20代後半で、結花さんとの結婚のことより、自分の夢を追いかけるほうに熱心だったのです。そんな2人の間には、いつしか不穏な空気が漂っていたのでした。

あらゆるものを与えてくれる、13歳年上の経営者は「専業主婦になって」と言った

1 2