恋愛&結婚 不倫の非日常感には要注意!セレブ妻が元カレに走った結末は…?~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は「元カレ」の誘いから自分の人生の幸せに気づいた女性のお話です。専業主婦の柳井結花さん(仮名・37歳)は、5年前に智之さん(仮名・50歳)と結婚。智之さんは都内近郊に多くの美容院と飲食店を経営。世田谷区内の豪邸で、何一つとして不自由ない生活をしていましたが、元カレ・栄一さん(仮名・34歳)と、クラシック音楽会が行なわれたホールで再会したのです。

【その1はこちら

幸せになるなら、身を引く

結花さんと栄一さんとの別れは、お互いに納得の上でした。結婚願望が強い結花さんの期待に応えられないことがわかった栄一さんは、「結花さんが幸せになるなら、僕は身を引く」そう言って、結花さんが智之さんと結婚することを祝福してくれたのでした。

別れてからは一切の連絡を取っていなかったので、お互いの近況を知る由もありませんし、なぜそこに栄一さんがいたのかも結花さんはわかりません。結花さんは友人が一緒だったこともあり。その場では連絡先のみを交換し、後日会う約束をしたのでした。

それから数日経った平日の午後。銀座のカフェで待ち合わせた結花さんと智之さんは、お互いの近況について報告し合いました。

結花さんとの別れから2年後、栄一さんは、舞台俳優をあきらめ、音響技術を学び始めます。現在は、その分野の仕事に就いていたのです。

「あの日のコンサートは、音響を担当したのが、僕の先輩。その仕事ぶりを見せてもらいに行ったところだったんだ」と。

そして帰りがけにロビーで結花さんを見かけ、驚きのあまり気付いたときには声をかけていたとのこと。

昔と変わらず、自分のやりたいことに夢中になる栄一さんに対し、懐かしさと同時に、若々しさに対する憧れのような気持ちを抱いた結花さん。そのとき、脳裏に浮かんだのは、家で退屈な毎日を過ごす自分の姿と、「疲れた」と言ってはゴロゴロする夫の姿でした。

その後、機会を見つけては、栄一さんと会うようになった結花さんの気持ちは、今も輝いている栄一さんにすっかり奪われてしまっていました。何より栄一さんと会っているときの非日常感が、結花さんにとってはたまならく幸福だったのです。

やがて、2人は男と女の関係に。栄一さんは独身でしたが、結花さんは既婚の身。ダメなこととは理解しつつも、結花さんから強く誘ってのことでした。

女性から誘った不倫の先に何があるのか

1 2