恋愛&結婚 もしかして浮気?彼の女友達問題、迷った時の判断基準~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。
今回は、キャリア男性の「女友達」問題について。恋人の社交問題に悩むキャリア女性はとても多いです。

財閥系商社の広報部門で働く山下藍子さん(仮名・32歳)は、同じ会社の先輩社員であり、交際3か月目となる昇さん(仮名・37歳)との関係について悩んでいました。

【その1はこちら

交際は始まったものの、気持ちは沈む

社交的で明るい昇さんとの交際に踏み込んだ、地味&堅実女子の藍子さんでしたが、その翌日から気分はあまりパッとしません。なぜなら、藍子さんは、これまでに同様のケースで2回も痛い思いをしてきたからです。

最初の痛手は、20代の半ばに交際していた、当時30歳のIT企業の経営者でした。経営者らしく物腰は柔らかで、誠実な態度。熱心に藍子さんにアプローチしてくれたこともあって、交際をはじめたのです。

彼も昇さんと同様、コミュニケーション力が高く、女友達が無数にいました。藍子さんが「女友達と2人きりで会わないで」と言うと「愛しているのは藍子だけだよ!」と明るく言い、その言葉を信じていました。

しかし、後に“女友達=セフレ”ということがわかり、そのうち1人が妊娠。相手は外資系企業に勤務する超キャリア女性でした。サラッと「彼女も結婚したくないっていうから、認知だけはするね」と、なんの悪びれもなく言われました。

藍子さんは、ショックのあまりしばらく男性と交際しなかったそうです。

次の痛手は、30歳のときに交際していた、35歳の売れっ子カメラマンの男性です。藍子さんの言葉に真摯に耳を傾け、最後まで話を聞く人でした。優しく、ケアの心にあふれて、人を支配しない……そんな彼に心惹かれ、プロポーズを受け、同棲を開始します。

しかし、新居に「友達だから」とモデルや編集者などの女性を連れてきて、宿泊までさせてしまうのです。藍子さんが不在時に、リビングで見知らぬ女性と彼が歓談していることが多々ありました。やめてほしいと言っても、「今までもそうしてきたし、友達だし」と言います。藍子さんの心は再び折れたのでした。

恋愛は、自分と似ていない、真逆の人に惹かれる傾向があります。堅実で冷静、賢い藍子さんは、コミュ力が高い男性にとてもモテるのです。

過去の自分を振り返り、自己嫌悪に陥ってしまった藍子さん。昇さんとの交際も、なるべく距離を置きつつ、慎重に進めていました。

そして、交際も3か月が経過。藍子さんは昇さんに大切にされていることを実感できていますし、昇さんと過ごす時間に幸せを感じるようになりましたが、疑心暗鬼の火は消えません。

それでもイマイチ、相手を信用できず……

1 2

Ranking

Information

Recommended sites