恋愛&結婚 部下に告白は、パワハラ?不器用女子の恋愛必勝方法~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、「縁がない」と悩むキャリア女子の方に多いリアルケースを紹介します。男性との出会いはあるのに、なぜ縁がないのか……その理由をひもといていきます。

34歳まで男性と深い仲になったことはない

大手電子機器メーカーの営業部門で働き、同期の中での出世頭として活躍している野本綾子さん(仮名・34歳)。彼女は、30歳を過ぎてから婚活をしていますが、最近は焦ってきました。なぜなら、同期入社の同僚や、大学時代の友人たちが、昨年から今年にかけて結婚ラッシュになったからです。

中には、すでに二人目の子どもを身ごもっている友人もいることを思うと、自分一人だけが取り残されたような気がしてしまいます。

綾子さんは、誰もが振り返るような美人です。でも、モテてはいるのに恋愛経験が少ないのです。直近の恋愛は12年以上前のこと、都内の名門大学の大学生だった頃に、アルバイト先の1歳上の男性と、1年間の交際をしただけです。綾子さんは「交際といっても、実際には数回のデートを重ねただけで、体の関係もない健全交際です。私は真面目なのです」と少々ドヤり気味に私に語りました。

そうはいっても綾子さんは、特別に潔癖だったわけではありません。12年前の交際中のことを伺うと、「彼がいつ誘ってくれるのかを待っていたんですけれど……」と言います。

育った家庭環境を聞くと、やはり名家のお嬢様でした。曾祖父の代から続く会社経営者の父と、その妻である母という厳格な両親と同居していることもあり、学生時代は外泊や旅行などはもってのほか。とても彼と、そういう気配にはならなかったそうです。

また、彼も奥手なタイプだったこともあり、何事もないまま、彼の就職とともに疎遠になり、自然消滅してしまったとのこと。

社会人になっても実家に住み続け……

1 2