恋愛&結婚 東大卒ハイスぺ女子がダメ男につけこまれる理由と、超簡単な解決方法~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、「性格がよく美貌の高収入ハイスぺ女子」がダメ男としか恋愛できない謎についてのお話です。

DV父と離婚した母と貧困少女時代をおくる

大手IT企業の経営企画部門で働く、永田真理さん(仮名/37歳)は、1年前に今の会社に転職してきました。それまではメガバンクの投資部門で働いていましたが、真理さんの高い能力を買われてヘッドハンティングされてきたのです。

真理さんは名門都立高校卒業後、現役で東大合格。卒業後は第一志望だった金融業界に身を投じ、海外駐在などを経てキャリアを積み上げてきました。

そんな華やかな経歴を持っている真理さんですが、生い立ちは恵まれていたわけではありません。真理さんの父親は、定職に就かず、酔っては母親や、真理さん、そして10歳年下の小さな妹にまで暴力を振るう人でした。

そんな父から逃げるように、母親は離婚。以来、母親と真理さん、そして妹の三人での狭いアパート暮らし。母親は生活のために昼夜を問わず働くという生活をしていたそうです。小学校から中学校にかけて、真理さんの生活の中心は妹の世話でした。

そして真理さんは高校入学とともに、生活費を稼ぐためにアルバイトに明け暮れました。それでも、勉強だけは手を抜くことはなく、東大に現役合格。その力の原動力は、母や妹のために、この生活を抜け出すためにも、「自分が頑張るしかない」と思っていたからでした。

そうして卒業とともにメガバンクに就職。給料の一部は実家の母の生活費と、妹の学費にあてて、自分はとにかく頑張ることだけに集中してきました。

やがて、真理さんの努力も実り、母親の暮らし向きは楽になりました。妹も名門私立大学を卒業し、公務員として就職。

「頑張ればできないことはない。自分が望み、そのために必要な努力さえすれば、欲しい未来は手に入れられる」

真理さんは自分自身の経験を通じて、そう強く信じるようになったのでした。

恋愛だけはうまくいかない理由とは……

1 2