恋愛&結婚 美人経営者は「モラハラ男製造機」!?その理由と改善方法~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、付き合う男性が、全員モラハラ化してしまうという女性のお話です。この悩みを抱える女性は多く、自分でもうすうす気が付いているのに、対処方法がわからないもの。実例と共に紹介していきます。

結婚後、2か月目から夫の暴言とDVが始まる

関西でネイルサロンを複数店舗経営している、三田恭子さん(仮名・34歳)は、4年前に離婚し、5歳の娘と暮らすシングルマザーです。

元夫は外資系金融機関で働く金融マンで、友人の主催した合コンで出会い、交際半年で結婚。しかし、結婚生活は2年で幕を閉じることに。

原因は、結婚後2か月ほど経った頃から始まった、元夫の暴言と暴力でした。「誰の金で生活できてると思ってるんだ」「お前のような女を養ってる寛大な俺に感謝しろ」などの暴言にはじまり、やがては平手打ちをされたり、蹴られたりすることもしばしば。

子どもが生まれれば、変わってくれるかもしれない……そんな淡い期待もすぐに裏切られます。娘が生まれても、元夫の暴言と暴力が止まることはありませんでした。

離婚を決意した恭子さんでしたが、心配なのはその後の生活です。

結婚するまでは、大手企業の役員付けの秘書として働いていましたが、元夫の強い要望もあって、結婚を機に退職。専業主婦になっていた恭子さんには、就職に活かせるキャリアというものがありません。

しかし、これ以上、夫の暴力や暴言に耐えることもできず、それまで誰にも相談できなかった夫婦の問題を、はじめて実家の両親に相談したのでした。

話を聞いて驚いた両親は、すぐさま恭子さんと孫を実家に呼び戻します。その後、弁護士を立てて元夫と交渉し、離婚に向けて動き出したのです。主導権を握ったのは、恭子さんのお母さんです。

元夫は、離婚を避けたいと粘るが……

1 2