恋愛&結婚 「結婚したい」アラフォー美人医師の婚活は、なぜうまくいかないのか?~その1~

仕事優先の生活の果てに、不倫にハマる

純子さんは社会人になってから、多くのセレブリティーともいえる人と交際をしてきました。しかし、純子さんにとっては、恋愛より医師としてのキャリアが最優先。

結婚する気もなく、デートよりも論文を読んだりすることに熱中する純子さんの態度に、男性がうんざりして離れていってしまうのでした。

その度に寂しい思いをし、「自分が間違っているのではないか」そう悩み落ち込む純子さんでしたが、「自分には恋愛よりも大切なことがある」と切り替えて、仕事に集中してきました。

そんなことが続いた今から2年前、純子さんが出席したある専門医の学会でのことです。講演の講師として登壇した、ある地方の大学病院で教授を務める昭信さん(仮名・52歳)と急接近したのです。

昭信さんは、純子さんの質問が的確だったことに、感心します。そして、「詳しい回答をしたいから」と連絡先を交換。後日、丁寧な回答を膨大な裏付け資料とともに、送ってくれた昭信さんに感銘を受けた純子さんは、その後何度かのやりとりを昭信さんと繰り返すようになります。

やがて、昭信さんが上京する際には、食事をする関係へと発展します。一回り年上ですが、学識も深く、男としての余裕を感じさせる昭信さんに、いつしか純子さんの心は惹かれていくのでした。今思えば、尊敬する父親の影を、昭信さんに感じていたのかもしれません。

そして、いつの間にか二人は男女の関係になってしまいます。

昭信さんに妻子があることは、純子さんは最初からわかっていました。だからこそ、慎重に関わろうと注意をしていたはずの純子さんでしたが、昭信さんから宿泊先のホテルに誘われたときは、抵抗感より喜びが上回るほど昭信さんに惹かれてしまっていたのでした。

奧さんのことが、心の奥底からうらやましい

普段は地方の大学に勤務する昭信さんとは、月に1回、昭信さんが上京する際に会うという関係です。一緒にいられる時間は毎回限られています。

純子さんにとって、昭信さんは恋人としてだけでなく、医療についての教えを乞うこともできる「師匠」。一緒にいるだけで、女性として大切にされ、最新の医療情報を共有できる師匠と過ごせる時間はかけがえがないものでした。

昭信さんは、どんなときでも家庭優先。純子さんのことは大切に思っているけれど、家庭人としての責任が揺るがない男性です。ですから、純子さんに結婚をちらつかせることもなく、自分は純子さんにプレゼントはしても、純子さんからは受け取りません。

そんな関係が2年続いた先日、純子さんは昭信さんから、突然「もう会えない」と言われてしまいました。

昭信さんの妻が、重い病気を患ってしまったのでした。「夫として、医療人として妻に向き合うのが務めだと思う。地方出張は一切断り、これからは妻の看病に専心する。だからもう、会えない」と。

純子さんにとってはショックな出来事でした。その一方で、「奥さんが羨ましい」と、心の底から思ったとのことです。それゆえに、別れがたくはありましたが、昭信さんとの別れを受け入れたのでした。

支えてくれる人がいることの大切さを、昭信さんとの不倫を通じて学んだ純子さんは、はじめて生涯を伴にできるパートナーが欲しいと思えるようになったのでした。

こうしてアラフォーにして婚活に乗り出した純子さんですが、なかなかうまくいきません。

男性からアプローチされて、医師、スポーツ選手、俳優、会社経営者などと恋愛を繰り返してきたが、どれも向こうからフラれてしまったという。

ハイキャリアの女性の婚活はなかなかスムーズにいかない!?……~その2~に続きます。

1 2