恋愛&結婚 迷える女子の心のスキマを狙う「平気で嘘をつく男」の暴き方~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は「平気で嘘をつく男」の見抜き方について、解説していきます。頑張り屋で真面目な女性ほど、嘘つき男に狙われるというケースが、最近増えています。

思いがけず、同郷で同じ中学校だとわかったモデルとカメラマン

モデルとして活躍する生田和美さん(仮名・29歳)は、4か月前から耕司さん(仮名・38歳)と交際しています。耕司さんは、撮影スタジオを経営しつつ、自らもカメラマンとして活動している“やり手”の男性です。有名大学を卒業し、好きな写真の世界に入ったものの、業界の“なあなあ”な雰囲気が受け入れられず、お金の管理や納品体制を整えたことで信頼を得ているといいます。

東京都心のマンションに住み、全国に不動産物件を多数所有している堅実な男性で、コロナ禍でも仕事が途切れることがなくやってきているそうです。

2人の出会いは4か月前。通販カタログのモデルと、撮影カメラマンとしてです。このカタログで、和美さんのことを耕司さんが撮影することがかつて何度かありましたが、あくまでも仕事の上での付き合い。お互い、意識することはありませんでした。

そんな2人が急接近したのが、コロナ禍の帰省について雑談を交わした時。和美さんと耕司さんは、同郷であるだけでなく、同じ中学校を卒業していたことがわかったのです。

驚くと同時に、地元の話で盛り上がりました。その場で初めてプライベートの連絡先を交換し合ったのです。耕司さんは「高校の同級生が経営する、行きつけの料理屋があるんです。そこで今度、ご一緒しませんか?」と礼儀正しく誘ってきたのです。

和美さんは「友達も誘っていいですか?」と言い、耕司さんは「もちろんですよ」と快諾。そこに和美さんは好感を覚えます。

モデル業を引退し、堅実な仕事に就きたいと思っていた

1 2