恋愛&結婚 捏造される不倫疑惑、夫と義実家の「嫁追い出し計画」に驚愕!~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、ある種の人の「強すぎる地元愛」について。順応性が高いキャリア女性は、夫の地元に移住する人も多いのですが、中には恐怖すら味わう人もいます(もちろん、円満な人もいますが…)。

現在、都内でエステサロンを経営する佐藤冬美さん(仮名・35歳)は、夫・敏行さん(仮名・37歳)の地元(北関東)を脱出して、半年前に都内に戻ってきました。夫と義実家の強い地元愛と、排他的な感情に気付いたからです。

【その1はこちら

夫と元彼女とのラブラブ写真を見せられる

連日、地元の仲間と飲み歩く夫・敏行さん。その仲間は男女混合で、その中には夫の元彼女・茜さんもいました。

茜さんはタレントを目指したものの鳴かず飛ばずで、今から5年前、当時32歳の時に帰ってきて、地元の居酒屋でアルバイトを始めます。そこに敏行さんが入り浸っているとのことでした。

「当時、私のサロンに来たお客様から、夫・敏行と茜さんの恋の行方のことばかり聞かされていました。“東京の人は気が強いから、茜さんみたいな人のほうがいいんじゃないか”など、妻の私の前で言うんですよ」

娯楽が少ないからかもしれませんが、この三角関係は絶好の話題となり、いつでもどこでも持ちきりに。

お客様からは、「で、冬美ちゃんはどうするの?」 と、興味津々に聞かれるだけでなく、敏行さんと茜さんがいちゃいちゃしている隠し撮り写真まで見せられて、心穏やかではいられません。

ある夜、冬美さんは意を決して、敏行さんに事実の確認をしました。

「私が聞かされている噂は事実なの?」と単刀直入にぶつけたのです。すると、ギクッとした表情を見せた敏行さんは、否定も肯定もせず「今日は疲れているからもう話したくない」と言い、実家に帰ってしまったのです。

その翌日から、敏行さんは家に帰ってこなくなりました。冬美さんが、敏行さんの実家に行くと、義両親が「敏行をそっとしておいてあげて。あなたとはしばらく会わない方がいいと思う」と言うのです。

それから一週間、敏行さんとは一切の連絡が取れません。娘もいるのに、一体どういうつもりなのかと冬美さんは腹立たしささえ感じます。

“冬美、憎し”……地元の仲間たちの共通敵になってしまう

1 2