恋愛&結婚 高年収イケメンで完璧なのに……彼氏の浮気癖は、果たして治せるのか~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、彼の浮気癖を治したいという女性のお話です。

同世代の会社員の年収を、月収で得る男

霞が関の官庁で働く、国家公務員の米田春美さん(仮名・32歳)は外資系投資銀行で働く、エリート金融マンの慎二さん(仮名・35歳)と交際をはじめて2年。慎二さんが何度か浮気をし、それが発覚したことで、二人の関係は揺れています。

二人の出会いは、友人に誘われた、あるホームパーティでした。春美さんは容姿の華やかさとは裏腹に、学生時代から真面目一筋の勉強オタク。公務員になってからは、仕事一筋でした。それを心配した友人が、「パーティよりも休日出勤する」と言う春美さんを引っ張ってきたパーティでした。

春美さんはモテるタイプです。これまでも男性から声がかかることは少なくありませんでした。しかし、いざ交際がスタートしてみると、どの男性もつまらない。時間の無駄なのです。勉強や仕事を通じて得られる知識や経験からの刺激のほうを優先するうちにフェードアウト。

そんな春美さんの前に現れたのが、慎二さんでした。同年代のサラリーマンの年収ほどの月給をもらい、勤める会社の看板を見せびらかすように、席にいた女性たちに対してのマウンティング。所有する高級車や、最近行った高級レストランについてなど、「僕は君たちとは違う世界を生きている」と言わんばかりの態度に、春美さんはドン引き。

しかし、他の女性たちは、慎二さんの演説めいた自慢話にうっとりしています。

「ここは私のいるところではない」と春美さんがこっそりと会場を出ようとしたときに、背後から慎二さんから声をかけられたのです。

彼は「自慢話を聞かせてしまって申し訳なかった」と言った

1 2