恋愛&結婚 アラサーの彼女に「いつか結婚するつもり」と言う彼。別れて気づいた大切なこと~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、彼が結婚に乗り気にならない本当の原因について。「出産のリミットを心配する私に、彼は“いつか結婚しよう”って言うんです!」と相談に来る方はとても多いです。

誕生日に出張を入れられ、キレて別れる

大手建設コンサルティング会社でインテリアコーディネーターとして活躍する野坂久美さん(仮名・32歳)は、交際3年になる琢磨さん(仮名・35歳)と別れたばかりです。

別れの原因は、彼に結婚する意志が無かったことです。

久美さんは、33歳までには結婚し、子どもを持ちたいと思っていました。そのことを常々言っていたのに、琢磨さんは「いつか結婚しようと思っている」と気のない返事。

「いつか考えている、と言う割には、それらしい態度も見せません。3年交際しましたが、時間だけが過ぎていくんです」

久美さんは多くのキャリア女性と同じく、即断即決を求めるところがあります。結局、業を煮やした久美さんが、琢磨さんに一方的に別れを告げたのでした。

別れの原因は、久美さんが誕生日を迎える1週間前のことです。琢磨さんが、久美さんの誕生日の日を含めて、一週間ほど研修のため出張に出るということが発覚したことで大ゲンカが勃発。

「私の誕生日に出張に行くなんて、私のことを大切にしていないってことですよね。それに、私はその日にプロポーズしてほしいと言っていた。それなのに、琢磨さんは、出張を入れた。つまり、この先も結婚について考えてくれないってことですよね」

久美さんは、別れを告げ、3年に渡る琢磨さんとの恋にピリオドを打ったのでした。

自分から別れたとはいえ、それまでは好きで一緒にいた相手を失ったことは、久美さんにとっても痛手です。しばらくは落ち込む日が続きましたが、それでも結婚したいという思いを実現するため、自分で自分を奮い立たせて、婚活をはじめたのです。

高学歴・高収入で容姿が整っているのに、婚活は難航

1 2