恋愛&結婚 10年以上友達だった彼と恋に落ち……不倫以上に根深い男女の友情問題~その1~


500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、キャリア女性に多い悩み「男友達との恋愛未満問題」について、お話していきます。

都内のIT関連会社に勤務する城田優子さん(仮名・34歳)は、10年来の男友達である謙一さん(32歳)との関係に悩んでいました。

初対面とは思えないくらいの親密感

絶望的な表情を浮かべた優子さんが、私のオフィスに来たのは、2か月ほど前の事でした。

彼女はかつてキャリアアップのためのカウンセリングを受けており、銀行から転職し、現在のIT関連会社でバリバリ働いていると聞いていました。その暗い表情は予想外だったのです。

優子さんは「私はどうすればいいでしょうか」と泣き出します。ひとまず、気持ちが落ち着くのを待ってから、お話を伺いました。

優子さんが絶望的な表情を浮かべていたのは、10年来の男友達として、友情をはぐくんできた謙一さんが結婚していたこと。

聞けば、2人の出会いは、かつて優子さんが勤務していた銀行でのことです。優子さんの2つ下の新卒社員として、謙一さんが入行。優子さんは彼に仕事を教えることになりました。

謙一さんとは初対面の頃から他人とは思えない親密な雰囲気があり、出身大学も同じで、好きな漫画もミュージシャンも同じ。その年の夏に行ったフェス会場で偶然会ったこともあり、意気投合。その後も、仲の良い姉弟のような親密さになりました。

当時はそれぞれに交際相手がいましたし、優子さんは年下の男性は恋愛対象外。二人が男女の関係になることはなかったとのこと。

だからこそ、仕事でプライぺートで親しい関係は続き、一緒にライブやイベントにも行っていたとのことです。

その後、優子さんは念願のIT関連会社に転職。先進性のある分野だけに、忙しい合間を縫って仕事の合間にスクールに行ったり、スキルを磨いたりと、優子さんにとっては多忙な時期が続きました。

一方の謙一さんは、銀行マンとしてのさらなる高みを目指しながら、昇進試験に取り組みます。

それぞれの交際相手も認める男女の友情

1 2