恋愛&結婚 年下部下から愛の告白……仕事に誠実だから恋愛にも誠実だと思っていたのに~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、大手コンサルティング会社で働く岩田智恵さん(仮名・33歳)は、仕事と勉強優先の人生を送ってきており、恋愛経験ゼロ。そんな時に、6歳年下の部下である慎二さんから告白され、恋が始まります。

【これまでの経緯は前編で】

総務の同期が語る「社内結婚した女性」の話

恋愛関係が始まってからも、智恵さんが上司で慎二さんが部下という関係である以上、二人の関係は社内の誰にも知られてはならない。二人は会社で私的な会話を一切しませんでした。デートも行かず、連絡はLINEが中心でした。そして、週に2~3回程度、慎二さんが智恵さんのマンションを訪れるのです。智恵さんは慎二さんとの“家デート”のために、ワインセラーとワイングラスセット、高価な鋳物の鍋を購入し、オンラインでフレンチを学びます。

慎二さんは実家で両親と暮らしているとのことで、智恵さんが慎二さんの家を訪れたことはありません。

それでも、智恵さんにとっては満足でした。自分の仕事を理解してくれる人がいる。しかも同じ仕事で、日常の中で仕事への価値観を共有できる人がパートナーとしていてくれる。仕事への意欲もますます高まっていき、その結果も出始めています。

二人の関係がはじまって3ヶ月ほど経過したある日のことです。その日、出社した智恵さんが、社内の廊下を歩いていると、同期入社の夏美さんに遭いました。

夏美さんは主に総務で仕事をしていて、智恵さんが関西へ赴任する直前に、産休と育休を取得。入社直後は仲の良かった二人でしたが、何となく疎遠になったままでした。大きな会社なので、特に意識しない限りは会うこともないのです。

最近復職したという夏美さんと、お互いの近況を報告し合おうということで、近くのカフェへ。聞けば夏美さんの部署で、社内恋愛で結婚し、退職する女性社員がいるそうで、その引継ぎなどで夏美さんも忙しく過ごしているそうです。

「社内結婚するんだ」と、珍しく興味深そうに聞いた智恵さん。夏美さんは不思議そうにしています。

「私が仕事以外のことに興味を持つことを珍しがっていると思っていたら、違ったんです。その女性社員の結婚相手が、慎二さんだったのです」

しかも、慎二さんとこの女性が付き合っていることを、社員はみんな知っていました。知らないのは、社内ゴシップに疎い智恵さんだけ。智恵さんは夏美さんにすごい形相で「それってホントなの?」と聞くと、会社を早退し、家に帰ってしまったのです。

初めての恋愛での手痛い失恋

1 2