恋愛&結婚 浮気、モラハラ、DV、嘘つき……ダメ男とばかり付き合ってしまう理由~その1~


500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、ダメ男とばかり付き合ってしまう理由について。これはキャリア女性にとても多いのです。今回は、上級国家公務員の村田加奈子さん(仮名・31歳)。加奈子さんは、歴代彼氏の10人が全員ダメ男。「私はダメ男のプロかもしれません」と私のところにいらっしゃいました。

この人は……と思って婚約した医師もダメ男だった

加奈子さんは2年前に公立病院に勤務する内科の医師との婚約が破棄になりました。その原因は、婚約者の浮気です。彼は加奈子さんと婚約中に、同僚の看護師の女性と浮気。彼女が妊娠をしたのです。

しかも、この相手の女性は、探偵を使って加奈子さんの存在を知り、自宅や実家も特定。そのうえで、「私のお腹の中には、彼の子供がいます。私一人では育てられないし、これが最後の妊娠のチャンスかもしれません。申し訳ないのですが、彼と別れてくれませんか」と相談を持ちかけてきたことで、事態が発覚。

その女性は、とても理知的で賢く、冷静だったそうです。

寝耳に水の加奈子さんは、あまりの驚きにあわてて彼に連絡。すると、彼は加奈子さんに土下座してお詫びしました。さらに体面を重んじる彼の実家の両親からも、「結納まで済ませた以上、婚約破棄はせず息子と結婚してほしい。お金は希みの通りにお出しします」と懇願までされました。

加奈子さんは当時を振り返り、「彼は私と同じバンドが好きで、価値観があったので交際を始めたのです。でも、彼の軽さが気にはなっていました。手術だといいつつずっと音信不通になったり、会っているときも頻繁に携帯電話を触っていたりすることなども、気になっていたのです」と語ります。

それでも婚約して結納までしたのは、ずっとダメ男とばかり付き合っていて、貢がされたり暴力を振るわれたりしたこともあったのに、彼はそういうことがなかったこと。そして、趣味が一致したことでした。誰にも共感してもらえなかった自分の好みと、ほぼピッタリ会う男性がいたことで舞い上がってしまい、「こんな人は他にいないだろう」と自分に言い聞かせていたからでした。

しかし、婚約中に他の女性と妊娠させるとは、さすがに許容範囲をはるかに超える出来事です。彼と彼の両親の懇願を振り切って婚約を破談にしてもらいました。

以来、2年ほど男性との交際には消極的になってしまい、仕事と趣味の世界に没頭していた加奈子さんでしたが、最近、結婚した友人が、相手とはアプリで出会ったと聞いたことで、「そろそろ恋をしようか」と思い始めたのです。

【アプリには、たくさんの男性との出会いにあふれていた】

1 2