恋愛&結婚 優しい彼と結婚秒読みなのに、突然現れたイケメン部下に振り回され……~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、不倫体質が変えられない蓮沼友美さん(仮名・32歳)。彼女は外資系金融機関に勤務するキャリア女性です。20代は同業他社の既婚者男性と不倫をし続け、4年前にやっと今の彼と知り合って結婚を前提に交際しています。そこに27歳のイケメン後輩・勇二さんが友美さんにアプローチ。男女の関係になります。

【これまでの経緯は前編で】

心は年下の部下に奪われてしまった

友美さんは、勇二さんを本気で好きだったのではなく、年下の優秀な部下に誘われ、流れて持った関係でした。

それでも、一度関係を持ってしまうと、友美さんの心の中を勇二さんが占めるようになってしまいました。あの夜以来、職場で勇二さんの顔を見る度に、友美さんは自分が穏やかでいられない。仕事にも集中できなくなってしまいました。

何より、勇二さんに接するときに、これまでのように接することができず、どこか彼に気遣い、彼に対して友美さんは甘えた口調になってしまいます。そんな自分が許せない気持ちでいっぱいになるのでした。

そもそも、勇二さんは、あの夜以降、何事もなかったような態度で一貫していて、友美さんとのことをどう考えているのかを話す素振りもありません。

やがて業を煮やした友美さんは、仕事を終えたある日の夜、勇二さんに電話をかけて直接問い質したのです。「一体どういうつもりなのか」と。

それに対して勇二さんの返答は、友美さんにとっては驚くべき内容でした。

「友美さんのことは好きだし、上司としても尊敬しています。でもあの夜はあの夜で終わったこと。自分はそもそも結婚しているので、これ以上、あの夜のことをあれこれ言われると迷惑です」

まさか勇二さんも既婚者とは……。迷惑なのは私の方だとキレそうになる心を押さえ、友美さんは電話を切りました。でも、考えてみれば、友美さん自身、勇二さんとどうしたいかが、はっきりしているわけではありません。

4年交際している彼との関係に不満はありつつも、おおむね良好で、別れることなど微塵も考えていませんでした。

既婚者である勇二さんと不倫の関係に踏み込みたいのだろうか……

1 2