恋愛&結婚 「お別れはLINE1本」アラサー女子が結婚を意識するとフラれる根本的原因~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、キャリア女性が、結婚を意識した瞬間、フラれる問題。価値観の相違や、相手の浮気などよりも、根深い問題があるのです。

大手新聞社で、大手企業の担当記者として活躍する前原久美子さん(仮名・33歳)は、先日、半年ほど交際した俊哉さん(仮名・30歳)に突然の別れを告げられ、ショックを受けていました。

二人の出会いは、大手の会社が運営するマッチングアプリでした。当時、1年ほど付き合った男性に振られ、失意のドン底にあった久美子さんを心配した友人が、気休めにでもやってみたら? と薦めてくれたのがアプリをはじめたきっかけです。

登録してすぐに、たくさんの男性からオファーを受け、実際に直接会って話したものの、なかなか良い人にはめぐり会うことができません。

何度か心折れそうになりながらも、やっと出会えた相手が俊哉さんだったのです。好きな作家が同じということや、家が近いこと、何より一緒にいられて心が穏やかになれた俊哉さんと、何度か会って話しているうちに久美子さんは俊哉さんに惹かれていきます。

俊哉さんは、幼稚園からの有名私立一貫校の出身で、大学卒業後は国内の大手商社で働いています。

高校生の頃からはラグビーをしていたので、筋肉質でガッチリしたスタイル。性格はとても優しく、子供のような笑顔で人を魅了する男性です。

デート中もいつも朗らかで、ニコニコしながら久美子さんの話しを聞いてくれたそうです。

そんな俊哉さんから、正式に交際の申込みを受けたとき、久美子さんは、それ以前の恋愛での悲しい過去をやっと断ち切れたような気がしました。

しかし、その喜びは、わずか半年で幻のように消えてしまいます、久美子さんはまた失恋します。そして私のところに来たのです。

【お互いにピタリと気持ちが合っていて、結婚の話も出ていたのに、別れることに】

1 2