恋愛&結婚 キャリア女子に多い「ダメ男育成体質」を改善する方法~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

キャリア女性と話していると「私、相手をダメ男に育ててしまうんです」という悩みをよく聞きます。交際初期はいい人だったのに、気が付けばDV、モラハラ男子になってしまう……。その原因と解決策を紹介します。

誰もが憧れるデキる上司との恋愛

外資系保険会社に営業職として勤務する近藤知子さん(仮名・31歳)は、3年交際していた章一さん(仮名・38歳)との別れ話がもめています。

章一さんはこの一年間仕事をせず、知子さんの家でネットゲームばかりやり、時に小遣いをせびるヒモ状態になっていたのです。しかも、気に入らないことがあると、知子さんに暴言を吐いたり、暴力を振るったりもしていました。

交際前の章一さんは、知子さんと同じ会社に勤める、知子さんにとっては仕事のできる優しい上司でした。

30歳半ばなのに、部下を30人以上従え、トップクラスの成績を維持し続けている“デキる男”。細マッチョな身体を英国製のスーツに包み、女性社員の中にもファンがたくさんいました。そんな中、告白された知子さんは、天にも昇る気持ちだったようです。

交際がはじまってからも、いつも知子さんのことを気にかけてくれる頼れる彼氏でしたが、交際して1年が経過し、一緒に住み始めた頃から様子が変わっていったのです。

知子さんが仕事で、章一さんより帰宅が遅れると、いきなり怒りだして、「君は僕より仕事のほうが大切なのか。それとも他の男と遊んでいたのか」などど、強い口調で言い放つのです。

「ごめんなさい」そう謝る知子さんに、章一さんはさらに追い打ちをかけるように、「君のようないい加減な女と付き合えるのは僕だけだ。こちらの身にもなってくれ」などと、知子さんを罵倒するのでした。

知子さんはただ謝るしかなく、章一さんは自分の気が済むまで、延々と知子さんを責め続けるようなことが、週に何度か自然発生的に起きるようになりました。

そして同棲がはじまって1年が過ぎたある日の朝の出勤前、章一さんは突然、何気ない口ぶりで知子さんに「俺、来月で会社辞めるから」と言ったのです。

会社を突発的に辞めてしまう彼氏に対して……

1 2