恋愛&結婚 「男友達」の存在は婚活に悪影響!? 異性との友情は本当に成立するのか【前編】


500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回のテーマは働く女性の男友達問題。「男友達がいる」ことをステイタスにしている人も多いです。ジェンダーやハラスメントの意識も高まって、男女間の友情は成立することもありますが、実際は今回紹介するようなケースが多いようにも感じます。

容姿端麗で性格もいいのに、結婚できない

法律事務所でアシスタントとして働く吉野律子さん(仮名・32歳)は、婚活歴が2年になりますが、なかなか思い通りの人にめぐり会うことができません。

外国人モデルのような風貌で、まさに容姿端麗。両親から愛情を受け、人を信じて育った人特有の、素直で明るく優しい性格です。そんな律子さんが、婚活アプリに写真付きで登録すると、怒涛のようにメッセージが届きます。

「アラートが鳴りまくってしまい、あまりにメッセージが届くので、出会う相手をここから見つけることはできないと思い、早々に婚活アプリは諦めて、お見合いパーティに通いはじめました」

パーティでも驚くくらいモテました。女性会員が有料のセレブ男性が集まるお見合いパーティでは、主催者側が「あなたのようなかたは、入会金も参加費も不要です」とお金を受け取らなかったのですから、その「婚活市場における女性としての価値」の高さもわかります。もちろん、参加するどのパーティでもカップル成立となりました。

これなら結婚もそう遠くないに違いないと期待を膨らませる律子さんですが、現実はその逆でした。

カップルになった男性と、後日連絡を取り合い、会って何度かデートをするも、すぐに関係が疎遠になってしまうのです。しかもその理由は、律子さんの気持ちがすぐに冷めてしまうから。まずは、相手に連絡をするのが億劫になり、やがてはデートの約束もしなくなり、相手が去って行ってしまうのです。

これではいけない。そう危機感を持った律子さんは、結婚相談所に登録することにしました。結婚相談所なら、担当者のサポートもあるので、自分の気持ちが冷めないように交際を続けられるはず…。律子さんはそう考えたのです。

恋心に火をつけることは、プロも不可能

1 2